VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


言葉の奥に隠されたもの
色んな人と話していて、
愛のある人、ズルい人
表裏のある人、
感謝のある人、ない人
何となくわかってくるようになってきました。

それは何年間も騙されてきたかも知れません。

そして人一倍、人間好きだったから
騙されやすかったのかも知れません。

ある方にこう言われました。
「私は何とも思ってなかったけど、
○○さんはこう言ってたわよー」

この「何とも思ってないけど・・・」
がミソなんです。
これで何度も騙されました?

本当に何とも思ってなくて、
私の事を気遣ってくれたなら、こう言うはずです。
「○○さんが、あなたの悪口言ってたけど、
私はそうは思わないから安心して!」

「私は何とも思ってないけど・・・」
実は言っている本人が一番思ってるんです。
必ず後で、ガツンっとやられます。

「自分だったら、こんな場合どう言うかな?」
って死ぬほど真剣に考えると、
『言葉の奥に隠された相手の気持ちが見えてきます』

この習慣が身についてから、
人を見抜く力がついてきました。

『言葉の奥に隠されたもの』が
見えてくるようになると、
複雑な人間模様も見えてきます!





スポンサーサイト

チャイコカウンター
パソコンやっと復旧しました!

ヤバっ!ウィルスかと思いきや、
単純な私の操作ミスでした・・・。
まだまだ未熟ですねー。

パソコンがないと業務もまったく出来ないことも
わかり、バックアップの必要性も感じました。

日曜日にやっとカウンターをつける事が出来て、
1日に何人の方が、チャイコブログに遊びに来てるか
がわかるようになりました?

一番多い日で23人でした!
昨日、今日と書き込みがなくても
22人も訪れてくれる人がいて、感謝です。

さぁ、これからも
チャイコカウンターを励みに頑張るぞー。



パソコン アウトサイド
パソコンが壊れました!

よってしばらくお休みです。

神さまに近い仕事
スピリチャルの先生に以前こう言われた事があります。

「法律に関る仕事というのは神さまに近い神聖な仕事なんですよ」

「だからその人の魂が高まっていないと
とても法律の仕事に関ることはないんです。」

じゃ私の魂はずっと神聖じゃなかったから
法律の仕事に気づかなかったんだ?
と驚かされました。

人が人を裁く!ではないが
「法律の知識があれば、困っている人を救うことができる!」
「法律の知識がない為に、誤った人生を歩んでしまった人の道案内になれる!」
やはり崇高な仕事なんだ。

気づくのが遅くて
随分回り道をしてしまったけれど
やっと神さまに近い仕事に出会えました?

これもタイミングなんですね。




交渉スキル
Wセミナー最後の講義。
「交渉スキル!」

人間関係の基本は
「どうしたらこの人は喜ぶだろうか?」
を真剣に考えて行動すれば、
すべてうまく行くと思ってる。
スキルなんかじゃない!
「愛だ!」

相手が役所だろうが、相談人だろうが
「愛のある対応」をすれば
人間だろうが動物だろうが
ちゃんと応えてくれます。

この辺がわからない人の代表者が
法律家だったのでずっとイヤだった。
だから大学のゼミでは劣等性だった。
「隣に木が伸びてるだけで訴訟ー!」
「ニコって笑って挨拶すれば済むことなのに・・・」

キチンとした挨拶の出来ない人に
正当な法律論を言われても、人は納得しません。
「おはよう!元気ー。ずっと心配してたんだよ?」
そんな暖かい言葉に人の心は動かされます。

これからもその辺を
ずっとずっと死ぬほど
考えていきたいと思っています。
















北沢法人会
今日は北沢法人会の総会があり、
懇親会の部から出席した。
北沢は第1支部から第23支部まであり、
150人くらいはいたなかなぁ?

知人の紹介なので、
大人しく、知人が紹介してくれる方とだけ
「名刺交換」した。
「今月に入会した新人ですから面倒見てやってくれ」
「えー、私が新人・・・?」
その言葉で緊張してしまい、
自分の営業スタイルに持っていけなかった・・・。
相手は偉そうに、こちらは丁重な姿勢で・・・
まったく似合わない営業スタイル?

弁護士、弁理士、区議会議員?
法人じゃない面々もたくさんいた!

遺言の相談を受ける。
相手はペラペラとしゃべりはじめたが、
「後ほどお電話でと対応した」
私の感覚では、遺言の仕事はいつでも取れる?
それだけ遺言が身近になってきているのだ。

1時間ほどして知人が
「もう帰ろうか?」
昨日から連チャンで疲れてるから・・・。
またまた自分に似合わないスタイル?
「2次会まで行きたいー!」
でも知人をたてて、
「ええ?帰りますか!」
「これからも色んなところを紹介するからさー」

今日はまず紹介者をたてる事を
しっかりと学ばせていただきました・・・。

追伸:隣では「東京行政書士会」の総会が行なわれてました。
タバコを吸いに表に出ていた行政書士に
「今何やってますか?」って聞いたら、
「政治連盟の総会です」と答えた?
まだやってるの!(19時)って感じ・・・。








Web2.0的仕事術
丸山学氏の「Web2.0的仕事術」を読み終えた。

今Web上で大変な事が起き始めている・・・。
恐ろしい本だ?
丸山氏の一連の本の中で最高の傑作!

単にホームページを作りましたでは話にならない?
という事をイヤというほど思い知らされた。

市場のルールを大きく変えてしまった
Web2.0的発想を個人や小さな会社が
自分の仕事に生かし、
利益に結びつける方法・・・。

Web1.0時代の「何でも自分でやる」という発想では、
コンテンツの量だけでなく、
質にも限界がきてしまう・・・。

有名なパレートの「8:2の」成功法則は
Web2.0時代には通用しなくつつあります?

例えばAmzonでは2割のベストセラーが
8割の売上に貢献することはありません。
売れ筋ではない本の売上合計が
売れ筋商品の売上合計よりも多いのです??

Amazonはサーバー内に書籍のデータさえあればいいので
無限に品揃えすることが可能です。
いわゆる「死に筋」ともよぶべき本が無数に存在し、
「売れ筋」の本の売上合計を上回っています。

つまりWeb2.0時代にはニッチな商品でも
買ってくれる顧客と出会える。
ビジネスが成立するのだという事実に
注目すべきである・・・・。









スピリチャルな答え
親しくしていただいている
スピリチャルの先生にまた相談してみた。

相変わらず、答えは一緒!
「まだ辞める時期ではない」
「知財関係が向いている」
「相続なんてドロドロしたもの向いてるわけがない?」

確かに当初は1月末に独立だー!って
ガムシャラに突っ走ってきた。
だけどあまりにもやる事が多く3月末に変更!
その時に「来年の2月3日の節分過ぎてから・・・」
って言われ、愕然とした。

5月中旬になっても、まだまだ準備不足は否めない?
でも2月3日までは、9ケ月もあるよなぁー
焦っちゃいけないと言う事か?

ダブルワークで進める道も考えてるし・・・。
実務の勉強も最低半年は必要だし、
マーケティング講座も
通信で1年コースで申し込んだから、
ちょうど2月に終了だ!
はっきり言ってマーケティングは素人だったので
わからない事だらけ・・・。

営業とマーケティングは全く違う?
市場調査でもない?
奥が深すぎる・・・。

でも「知財」はちょっといただけない・・・。
著作権業務を言うのだが、
どうも好きになれない分野なのだ?
ただ関心はあるけれど・・・。

私のもう一つの専門の
「音楽」と結びつけるような仕事に
なっていくのだろうか?

「スピリチャルな世界」は
まだまだわからない事だらけだ・・・。





個性って隠せない?
最近、行政書士の仲間が次々とホームページを
作ってきました。

使ってるソフトは同じなのに、
こんなにも違う?のって思うくらい
印象の違うホームページになっている。

やっぱり「個性って隠せない?」って思う。

私もホームページを作りながら、
素材集は同じだし、
業務内容はたいして変わらない?から
似たりよったりのホームページになるよなぁ
なんて思ってた。

そういえば名刺もそうだよなぁー。
実に多彩でみんなの個性が出ている。

文章もしかり・・・。
同じ表現でも
「私もそう思います」しか書けない人と
実に多彩な表現で素晴らしい文章を書いてくる人もいる。
感じている事はたぶん同じだと思う。
ただそれを表現する道具(個性)がみな違うのだ。

だから人間って面白い・・・
だから人間なんだー!

やっぱり「個性って隠せない?」



大切にしたものが残る
私、人脈が少なくて・・・。
って言う人がいますが、
ただ人間関係を大切にしてこなかっただけです。
生まれた時はみんな一人です。

お金持ちになりたいんです。
でもお金がなくて・・・
でも洋服はたくさん買ってます。
その人は洋服が好きなだけです。
だから本当はお金が好きじゃないんです。

友だちができないんです。
その方は自分が好きなだけです。
相手の事を好きになれば、
相手からも好きになってもらえます。

営業ができないんです。
相手から営業される時は
こんな事するから嫌われるんだよ!って思ってるのに、
でも自分も同じやり方で営業してるんです。
その事に気づいてないだけです。

あなたの周りに何が残ってますか?
家族ですか?
お金ですか?
友人ですか?
洋服ですか?
その残された物があなたがこれまで
大切にしてきたものです。

世の中の仕組みはカンタン。
「大切にしたものが残る」







年間500冊が目標
「士業」の仕事を志すと
かなりの書籍代がかかります。

まぁ在庫がない分いいか?って感じ。
年間500冊が目標かな?

これくらい読まないと、
不安で眠れなくなってしまう!

よく聞く話であるが、
「行政書士に頼んだ書類たったこれだけで
5万円も取るのよ?」

その書類を仕上げる為にかかった本代、
調査にかかった時間等も考えて欲しい。
あとは本人の安心料・・・。

結果は紙数枚かも知れないけど、
そこに至るまでの努力も考えて欲しい
と最近思ってきた。

こんなに本を読まなきゃならない仕事だなんて
本が嫌いな人には苦痛な仕事ですね。

「私のブログ見て見て・・・!」
最近、色んな人に会う度に
ブロブ作ったんだ。
「私のブログ見て見て・・・!」
が口癖になっている。

反応は?
「ん!見る見る?」
みんな他人の秘密は見たいのだ・・・。

これって凄い営業ツール?だと思った。
「これ買ってください!」
では相手は引いてしまう。
ブログではどんな中高年でも
「教えてくれー!」

ある人は教えた日に全部見てしまって
私の書いたことをスラスラ喋りはじめた・・・。

妻よりも、私の秘密?を知ってしまっている。

「行政書士」はどんな仕事をしているか
なかなか伝えにくいし、
ブロブファンを沢山作っておいて、
自分の人柄を知ってもらう事によって、
「この人なら安心だから頼んでもいいわ?」
となっていく新しい営業ツールなのだ。

「営業のコツ」は
「まず情報を与えること」
「自分をさらけ出すこと」
そうすると相手は安心して
この人の話なら聞いてもいいかな?
に変わってくる。

だから最近の私の口癖は
「私のブログ見て見て・・・!」






「富裕層の法律家」
行政書士は「街の法律家」です。
これがよく使われるキャッチコピーです。

逆手を取って「富裕層の法律家」を名乗る?
「富裕層の法律家」と言うと「弁護士」を思い浮かべる
かも知れないけど、
彼らの専門は「訴訟」です。
だから本当は向いていないです。

みんなみんな「訴訟」したくて生きてる訳じゃない!
スイスバンクのように「富裕層」の生活の細かいところ
まで入り込み、
「子女教育」「資産運用」「投資」「相続」
「富裕層向けサービス」を行なう。
つまり生活の安全を守る訳だ。

最近友人が
「日本の富裕層・お金持ちをお得意さまにする方法」
「ニュー・リッチの世界」と言う本を出版した。

何故か「富裕層」とは縁があって、人脈もあるし、
色んなパーティにも呼ばれる。
だから彼らのライフスタイルは大体わかっているつもり。

「街の法律家」は「富裕層の法律家」にはなれないけど
「富裕層の法律家」はいつでも「街の法律家」になれる。
「行政書士」がもっと富裕層に入り込めれば
社会的認知も高まるはずだ・・・。




行政書士の営業はカンタンです・・・
行政書士の資格の範囲だけで
起業しない方がいいよ!

よく聞かれるアドバイスです。
みんなそれぞれ様々なキャラクターがあり
色んな仕事をこなしてきて
色んな事が出来るのに、
「行政書士」になった途端、
「資格」の枠に縛られてしまいます。

「行政書士」の営業をして思った事はカンタン!
こんなカンタンな仕事はないって・・・。
以前みんなに喋りまくった頃
「おめでとう!頑張ってね」って必ず言われた。
だってみんなから歓迎されるんだから。
生命保険の仕事だったら、こうは行かない!
まず嫌がられる。

カンタンだけど落とし穴があったんです。
「相続ならそのタイミングじゃないと仕事は来ない」
「会社設立もやはりタイミング・・・」
みんなから応援するからと言われても
完全な受注仕事だと気づいた。
それに仕事が来てもスポットが多いし。

営業はできるけど、
一生営業はやっていたくないです。

営業しなくても勝手に仕事が入ってくる仕組みと
「行政書士」の仕事はおまけでしたみたいな
ビジネスプランを現在構築中です。






ゼッタイ潰れない自転車屋さん
昨日に引き続き、
「ゼッタイに潰れないシリーズ」です。

自転車屋さんも潰れませんよね?
あなたが買ったのはいつですか?
修理に出しても○千円くらい・・・。

でも近所の自転車屋さんは潰れませんね!
不思議だと思いませんか?

じつーは、郵便局からの修理で生活が成り立ってる
って知ってました?
なるほど乗る距離と自転車の台数が
ハンパじゃないですからね。

BMWのディーラーの方も同じようなことを言ってました。
販売じゃなくて修理で儲けてるって・・・。

案外地味でリピートする消耗品の方が
派手な営業よりも
商売という点では強いかも知れません。

「士業」も目玉商品の販売だけじゃなく、
付随したリピート商品でガッチリ稼ぐ!
がヒントになりそうです。




ゼッタイ潰れないハンコ屋?
テレビで「ゼッタイ潰れないハンコ屋」を放映していたので
何気なく見てしまった。
2日でお客が13人くらいしか入っていない。
でも潰れない?
「どうして?」という内容のものであった。

例えば黒水牛のハンコ5,500円の
原価は650円だし、
従業員がいないから、人件費はかからない。
ハンコは自分で彫るから外注費もかからない。
経費をできるだけ抑えている!
なるほどここまではわかる。

でもその先が凄かった!
そのハンコ屋さんは八王子にある。
まず大学が多いので、
3~4月にハンコを注文してくる学生が多い。

極めつけは役所にあった!
人事異動がある度に、ゴム印の発注が絶えない。
この役所からの注文が売上の半分を占めていた。

このハンコ屋さんの年間売り上げは
何と「2,000万円」でした。
ここでみんな「えー!」の声。

営業せずしてお客がリピートしてくれる仕組み
「マーケティング」がしっかりしてる?
この辺は学ぶものがたくさんありました。







問題意識があれば・・・
知り合いの集まる喫茶店に行く。

いつものメンバーと知らないメンバーが
交錯して毎回面白い話題になっていく・・・。

他の仕事をされている方と
話をしていると実に参考になる。

またまた新しいアイデアがポンっと浮かんだ。
こんな事は毎日同じ事を繰り返していては
決して出て来ない?

やはり人との出会いはいつも新鮮だ。
成功はいつの世も人との出会いから始まる。
人生を大きく変えていくのもやっぱり「人」

そんな出会いをどう料理できるかも
日頃の本からの「情報」や「問題意識」
にかかってくる。

「問題意識」があればすべてがヒントになる!







大人のピアノ発表会
女房の友人のピアノ発表会があり、
代々木上原まで聞きに行きました。

彼女は毎年、演奏しています。
主婦になってからも
演奏活動をしていくのは
相当辛いものがあると思う。

特に50才を過ぎてからの
楽譜20ページ分の「暗譜」は
毎年「資格勉強」をしているようなもの?
偉いです!
我が家のグランドピアノは5年間開いた事ありません!

でも音楽っていいですねー。
特に生演奏は!
2日連続で講習会で疲れきっていた
私の神経をすっかり癒してくれました。

演奏された方の中には
司法書士の方や
税理士勉強中であと1科目という方もいました。
「士業」と「ピアニスト」
これもステキですねー。

私も学生時代の仲間から誘われている
9月の演奏会に出ようかな?
なんて考えてしまいました!






建設業許可申請
建設業界は業者数が54万社と多く、
また生活関連業務なので、
業種が実に多岐に渡ります。

この業界にいち早く目をつけた
「先輩行政書士」は偉い!と思った。
「車検業界」は先細りになったけれど、
「建設業界」は絶対になくならないし、
姉歯問題等で許認可業務は益々難しくなっていく。
加えて行政書士の独占業務!である。
やらない手はない?

そもそもこの業界の人の特徴は
「書類を見る事、書く事が大嫌い!」人間なのだ。
そして「数字も嫌い?」
「役所なんか行きたくない!」
「内容証明?が来た。どうしよう助けてくれー!」
の世界なのだ。

義理と人情の世界だから、
冠婚葬祭はすごーく大事にする。
とくに葬儀は、会社の大事な仕事。
葬儀屋さんの受付の隣に
「会社関係」の受付を作って
若手社員が本来の仕事を止めて一生懸命働いている?
道案内で立っている人、駐車場係、香典係と
完璧な応対をする。
「香典だけで軽く100万は動く世界だ」

私は新人行政書士は、民法にも強いので
先輩行政書士が出来なかった?、
相続・遺言へと持っていくのが、
これからの行政書士の腕の見せ所だと思っている。





申請取次事務研修会
いやぁー難しかった!
一夜漬けではとても無理でした。

もっともっと勉強せなきゃあかん?
と叱咤激励されたよう・・・。

開業に向けての準備ばかりやっていて
実務の勉強はそっちのけ?
甘いよ!お前って
「ガツン!」とやられました。

まだ会社を辞めずに良かった?
じっくり準備する必要あり・・・です。
起業するって「大変」な事だと痛感しました。

専門にしようと思っていた
「入管」はホームページには馴染まない?
と聞かされて、
また暗ーくなりました。
「会社設立」も追加しようか?

またまた迷える子羊になりました・・・。





専門を絞る!
明日は申請取次事務講習会で「考査」があると
いうので、何もせずに顔を出すわけにも行くまい?
と思い、渋々テキストを開く。

「ガァーン」全然理解できない?
その専門性の高さに愕然とした。
入管だけでもこれだけのボリューム・専門性がある。
「ビザ関連」は娘の留学時で
難なくこなしてきたから楽勝?なんて思ってた。

「甘かった・・・」
これで飯を食うとなると、
奥が深すぎる事に今日気づいてしまった。
実務セミナーには通うものの
これまで復習はしたことがなかった。

今回はじめての実務の勉強・・・。
「舐めたらあかん!」

新入社員の話ではないけれど、
専門を絞らないと先輩達に勝てない?
事がイヤというほど理解できた。

「迷ったらワクワクするものを選びなさい!」

入管の仕事は何故かワクワクしてくる!
「そうだ入管の仕事を専門にしよう」
後は30年間のアドバンテージがある
「建設関連」の仕事にしよう!
これなら先輩達より知識は上だ。

やっと業務方針が決まる!
「建設」を安定収入ラインと位置づけ、
「入管」を専門分野として打ち出していく!

他業務はしばらくは、一切やらない?

この二つを今後、徹底的に勉強していく。
支部の「入管」「建設」専門の先生にアポを取って
早速弟子入りする事に決めた。








新入社員の挨拶
今日の朝礼では新入社員の挨拶があった。
1ケ月の研修後、すっかり社会人になった?
姿があり驚いた!

ついこの間まで大学生だった彼らとは
大きく変わって、
まず声が大きい!
そして1ケ月間、不動産屋に飛び込み営業していった
彼らの奮闘ぶりが聞けた。

新入社員の話に自分の姿がかぶった。
自分も彼らと同じ新入社員なんだなぁって事。
彼らも毎日飛び込み営業をしてるんだ!

彼らと自分の違いは?
自分は業種が絞れてない事。
だから同じ飛込み営業をしても
焦点がボケてしまう事?

新入社員は不動産屋さんだけに絞っている!
まだ私は絞り切れていない?
これでは営業しても効率が悪いなと思った。

これまで実務講座を聞くたびに
扱う分野がどんどん広くなっていってしまった?
新入社員のうちはこれでは勝てない!
とヒントを掴んだ。

「屏風と商売は広げすぎるな!」

もっと業種を絞りこむ事。
絞り込めば営業も結果が出やすい!
「何でもやります!」は
「何も出来ない?」
と同じ意味だと理解した。



ビールアンケート調査
渋谷でビールのアンケート調査があり参加した。
マーケットリサーチの仕事をしている友人から来る話で
もう続けて10年になる。
今日の依頼主は○○社からだ。

キリンがアサヒを抜いたのも、
ずっと前から私はわかっていました。
アサヒに抜かれたキリンは徹底的にマーケットリサーチをして
ラベルから試飲会まで幾度となく繰り返して
その度に私はアンケート調査に協力していた。

キリンがアサヒに勝つのは
時間の問題だなと確信していました。

世の中の経済の仕組みはこんな風になっています。

ところが「行政書士」の世界に入った途端、
そういった経済の仕組みが全くない?事に驚きました!

どこに自分の仕事があるかも調べてない?
また顧客のニーズも把握していない?
単に「資格」があれば食えると思っている?

事業を起こすのに、
「報酬額表」は?ないです。
営業?したくないです。
「チラシ」?まだ作ってないです!
「ホームページ」?これからです!
こんな「ないないづくし」の状態で
起業する人がいるのには驚きました。

起業するのに一番大切なのは
「マーケティング」と「営業」なのに
「業務の勉強」ばかりしている!
ゼッタイ変です?
「法律の本を丸暗記したって」仕事は来ないのに・・・。

営業が出来ないなら、
営業講座に1年間通うべきです。
それからでも起業は遅くないです。

その辺をわかってないから
「廃業」していく人が多いんだな
って最近思うようになりました。

悲しいです・・・。











サラリーマンは偉大です!
ゴールデンウィーク明けの7日は
さすがに全員出勤だ!

本音を言えばまだリハビリ中か?
どんなに辛くても会社には来ている。
「やっぱりサラリーマンは偉大だ!」と思った。

いや会社勤めの仕組みが素晴らしい?と思う。
これが自営だとなかなかそうはいかない。
休み明けもついダラダラと・・・。

人はないものを求めたがる。
会社員は自由を!
自営業者は安定を!

人は自由を手に入れたとき、安定を求め始める。
安定が手に入ったら、自由が欲しい!
と叫びたがる。
何とわがままな事か!

でもそういったわがまま(向上心)が
人間の社会を進歩させている事も事実なのだ。

そう私は自由と安定!
両方手に入れたいのだ。
その仕組み構築する為に
目下「奮闘中」です。





仮想体験
今日は何もする気が起こらなくて、1日中寝ていた。
ホームページも作る気になれない。

「行政書士」を開業して、1件の電話もならない
仮想体験?をした。

気が狂うばかりに時間が長く感じられる。
開業して仕事がない状態というのは
こんな感じなんだろうな?と実感した。

成功されている先輩行政書士は、
この恐ろしい期間を乗り越えていった
偉い?方なのだ!

そして仕事の責任もすべて自分にかかってくる。
サラリーマン時代とはうって変わって
まったく別な世界?

仕事は自分で取る。
責任もすべて自分にある。
凄まじいまでの自己管理能力が要求される。

やはり入念な準備期間は絶対必要だと思う?
そしてどうして「行政書士」なのか?
なぜ「会社を辞めるのか?」
その辺をクリアにしてから独立しないと
恐ろしいことになると実体験した。

ただ何となく、独立したいから・・・
会社がイヤになったから・・・
行政書士なら儲かりそうだから・・・
そんな薄っぺらな気持ちでは
道端の紙クズと化してしまうだろう!






出会いと別れ
今日の講義は風営法という事もあって、
受講生はパラパラだった。
「やっぱりな?」とも思った。

あと3回の授業で卒業だ。
卒業式には何人来るのだろう?
卒業式も有料だから、やっぱり少ないかも知れない?
かすかな不安が頭をよぎる。

講義の後の喫茶店の集まりも過去最低だった。
でもみんな精一杯頑張ってるんだよ!
ただ生活もあるしー。

そんなみんなの気持ちがわかるから
寂しさがこみあげてきた!

「卒業してからも、同じように集まろう!」
活発な意見が交わされた。
私も一時は真剣にそう思っていたこともある。

でも今は講義という強力な求心力があって、
やっと集まれる仲間!
「みんなで勉強会をすればいい・・・」
まだまだ未熟な仲間の勉強会?
主催者の大変さ、集まりが悪かったときのショク!等を
考えるとどうしても躊躇してしまう。

集まりたい気持ちはわかるけど、
来ない人の気持ちもよくわかる?

「懇親会にしよう!勉強会はおまけで・・・」
そう提案してみた。
懇親会なら、仕事が順調に行っている人も
なかなか軌道に乗らず苦しんでいる人も
取り合えず参加できる!と考えたからだ。

確かに別れは辛い!
卒業式の日には泣いてしまう?と思う。
でもこれは学校を卒業して
各々社会へ飛び出す、晴れやかな別れなのだ。

事業を立ち上げるには大きな力が必要です。
これからしばらくは、みんなそちらに全力を投球して
成功してから、会いたいと思っている。

我々の目的は、「成功」する事なのだから・・・。




ヂジタルからアナログ営業へ
昨日はホームページ作成で
新しい事が次々と出てきて頭がグシャグシャになりました。

今日はホームページの入力意欲が全然湧かず、
アナログ営業に切り替えた?

地元商店街の法人会の会長宅にお邪魔する。
同じ茨城県出身で以前からの飲み先輩?だ。

商売のコツを伝授された。
仕事を紹介されたら、必ずお礼をする事!
これをしないと二度と仕事は来なくなる。
なるほど・・・なるほど・・・。
5月25日に総会があるから出るといいよ!
たくさん紹介してあげるから・・・。
あと法人会の会報にも広告載せるといいよ!
仕事来るからね。

やっぱりアナログ営業はいい!
ハートにビンビン来る。
人は人の器より大きくはならないからね?
だから器を大きくすること。
人の気持ちを理解できる人間になること。

同じ仕事でもあっという間に大きくしちゃう人と
いつの間にかいなくなっちゃう人がいる。
不思議だよねー。

人の運命を変えるのは
いつの世も人との出会いしかない!







「大変」な世界?
今日はメニュー欄に
仕事のカテゴリー別に区分ける作業。
リンクの貼り方、
写真の貼り付け、
事務所名変更、
ドメインの取得等をした。

同じ行政書士仲間の友人の応援があって
初めてできる事ばから・・・。
ちまたの開業本に書いてある
「ホームページだけで受注」なんて遠い話?

「大変」な世界に入ってしまった?と感じた。
「大変」と言う感じは
大きく変わると書くんですね?


ホームページ作成始めました!
今日からホームページの書き込み作業に入る。
取り合えず、簡単な報酬額一覧を本からそのまま入力?
仕事内容も同じく本からの抜粋?

自分の言葉は冒頭の挨拶と自己紹介だけ・・・。
なさけなくなってきたー。
やっぱり新人なんだ!とつくづく思い知らされた。

先輩行政書士のホームページを見ると、
いかにも!って感じでひるんでしまう!

このぶんでいくと、体裁だけのホームページで1ケ月、
中身のあるホームページまで3ケ月はかかりそう?

あとSEO対策等、技術的なことはそれから先だ!
未熟なホームページでも最初は自作の方が良いと思った。
外注はノウハウを身につけてからでも遅くはない!

内容のない文章も書いていくうちに頭にに入ってくるし、
色んな技術的に足らないところもわかってくる?

先輩達の苦労・偉さがホントわかって謙虚になれます。

実務講座で勉強はしているものの、
所詮、初心者には変わりはない!

若干のアドバンテージが持てる
建設業・産業廃棄物業務も専門業務に入れる事にした?
この分野なら先輩行政書士よりも業界の中身には詳しいし、
顧問先に対しても信用が絶対あるはずだ?
そして許認可業務は収入が安定するし、
会計記帳から法律相談・顧問へ
社長とのコミュニケーションから
入管・相続へと発展させていけばいいのだ?

やっぱりこの仕事は経験した業務から入っていくのが
近道ですね?





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。