VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小学生からのプレゼント
お茶ノ水女子大学付属小学校の一年生から素敵なプレゼントが届きました。
18日のチャリティコンサートの感想を絵日記に書いたものをカラーコピーして
友人が贈ってくださいました。

「ヴァイオリンの手のうごきがすごかったです。ピアノの音もすごかったです。おわりのときにぼくの手にサインをもらいました。」

「うたもいっしょにうたえてよかったです。」

「バイオリンの音はとてもきれいでかんどうしました。さいごのきょくがすきです」

「ヴァイリンの音はきれいでした。一ばんいいなとおもったきょくは、トゥモオローです」

「千のかぜをみんなでうたえてよかったです。千のかぜは二ばんがなんかいもワープしたのでむずかしかったです。」

「いろんなきょくがでたのでよかったです。あとぼくたちがうたえるきょくがでたのでうれしかったです。アンコールでみんなないてしまいました」

「わたしがしっているうたで一ばんじょうずだったのは、まっかなおはなのとなかいさんです。さいごのきょくははくりょくがあってよかったです」

「えんそうする人のゆびのうごきにおどろいた。えんそうのあと、あくしゅをしてもらってすごくうれしかった!」

「音ぷがとびだしてきそうなかんじでした。がっきはむずかしいけど、たくさんれんしゅうしたのだなとおもいます。きれいな音いろでした。とてもきれいなおうたでした。」

「ぼくもピアノでかっこいいきょくをみんなにきかせてあげたいです。ぼくもれんしゅうがんばります。またコンサートいきたいです。」

「ぼくがおもしろかったきょくは、じょうねつたいりくとモーツァルトとチャルダーシュです。ヴァイオリンがはやいところがいきおいをかんじました。ヴァイオリンとピアノのリズムがよかった。またきてほしいです。」

「大きく口をあけてきもちよくうたえてよかったです。」

「いろんなのがひけるなんてすごいとおもいました。その中で一ばん大すきなきょくは、モーツァルトです」


アメリカではワークショップと言って、こういった活動が盛んです。
日本でももっと子ども達に音楽の楽しさを伝えていきたい!
今年は以前からずっと考えていたそんな夢がやっと実現できました。

クラシック音楽をもっと身近に!
コンサートホール以外でも聞けるそんなライフスタイルを広めていきたい。
それが行政書士の仕事と一緒にして行きたい私のライフワークです。
来年もよろしくお願いします。



スポンサーサイト

徳を積む
コンサートの集客をしていて気づいた事で
一人で10枚も20枚も売ってしまう人がいる事です。
なかには、自分は行けないけど、10枚売ってあげる!
なんていう方もいました。
私には信じられない出来事でした。

でも世の中にはそんな「徳」のある人がいるのです。
あの人が言えば、みんな言う事を聞く。
「世のため、人のため」に生きている人なんですね。

そんな人達に支えられて、成功した2つのコンサート!
自分一人の力で出来た事じゃないって、
その事を肝に銘じていこうと思っています。

「いつも感謝の気持ちを忘れない!」
「もっと人の為に動く」




神の声を聞いたストラディバリウス
ヴァイオリン製作者のアントニオ・ストラディバリウスは
9歳の時にすでに微分積分を解析していました。
そして天文学から、解剖、医者の仕事もしていました。
12歳で弟子入りして、翌年には師匠の作ったヴァイオリンを超えてしまいました。
19歳で独立して、長者番付でも1位になっています。

17~18世紀の人々は科学者であり、宗教家であり、
何でも知っている人が凄いと言われた時代です。
化学と科学が制度化されたのは、19世紀に入ってからです。

「我こそは、人の真似できない物を作ってみせる!」
そんな気概のある人達が生きたルネッサンス時代。
ルネッサンスの背景なしには、ヴァイオリンの完成はありませんでした。

ストラディバリウスの色、見えない色、隠された色、ニスの色に秘密がある。
コオロギの鳴く声、波の打ち返す音、超音波・・・
身の回りの音、自然現象の中にメッセージがあります。
ストラディバリウスの音は、鈴虫の鳴く音に似ています。

ズワイガニは10km離れた所で交信します。
人間に聞こえない何万Hzの超音波を出しているからです。
自然界の人間が感じることができない音は、
耳では聞こえないけど身体で感じることができます。

ストラディバリウスは、波長の短い超音波が混じっているから深い音になるのです。
だから人間の心を癒す神秘的な力を持っています。

ゼロ戦を作った糸川英夫博士はこう言いました。
「ストラディバリウスを理論的に解明するのは不可能である。
だから私はロケットを作る!」と・・・。






上手くいく人、いかない人
行政書士の先輩達と話をしていて、
いつも私なりにリサーチしています。
この人はどうして成功したのだろう?
どうしてうまくいってないんだろう?って。

成功している方の共通点は?
自分の得意な分野を伸ばしています。
得意な分野って・・・。
まず過去の業務の延長上にある仕事をしている。
業界に詳しいので、仕事の紹介も入って来る。

営業方法もマチマチです・・・。
HPだけでうまくいっている人。
紹介でうまくつないでいく人。
HPだけで受注されている方はITの知識はもちろん、
業務の知識も生半可ではありませんでした。
HPも毎日、更新しているし、判例なんかも掲載しています。
いわゆる、本物のオタクです。

営業の得意な方は、
飛び込みはもちろんガンガン営業しています。

みんな自分の得意な技を知っていて、
そこに集中して特化しています。

どうやら成功するカギは、
苦手なことには、あまり拘らず、
得意なことを伸ばしていくことにあるようです。




『犯人に告ぐ』
友人が行けなくなったからと、
譲ってもらった映画『犯人に告ぐ』のチケット・・・・。
最終日に行って来ました。
雫井修介氏の小説で最近のベストセラーの一つです。

主演が豊川悦司なので、悪い映画ではないと思ったが
やはり素晴らしかった。
日本の映画らしからぬテンポとストーリーで
ぐいぐい観客を映画の世界に引き込んでいく。

ほとんどの映画が男女の愛を絡ませているのに対し、
「犯人に告ぐ」に男女の愛はない、人間の愛もない。
豊川悦司の一人舞台であった。
それでいてここまで魅了してしまうのは、
彼の演技力か監督の脚本が素晴らしいのか?
両方だろう・・・。

警察の取ったローラー作戦は仕事へのヒントにもなった。

悪役の上司のプロフィールを見たら、
ニューヨーク生まれ、ボストン大学卒業・・・。
何と小澤征爾の息子であった。
なかなかの名演技であった。

こんな映画が作れたのも日本の映画が世界レベルである証明だと思った。

豊悦が出る現代版「椿三十郎」も観たくなってしまった。





仮想開業体験
今回のコンサートは、私にとって仮想開業体験でした。
まだ開業できない身の上なので、
コンサートで擬似体験をしてみようと思いました。

つくばと文京の二つを企画したのも
自分の限界に挑戦してみたかったのです。
フツウならそんな無謀な企画はやりません!

とにかく声をかけられる人は限りなく声をかけました。
コンサート専用にノートも作り、
思いつく事はすべて書きまくりました。

今回来て頂いた人の内訳は
チラシを見て来た人6人、
ブログを見て来た人1人、
その他は口コミでした。
やはり口コミは強いと実感しました。

そしてこの3ケ月はとても充実したものだったし、
毎日が楽しかった・・・。
やっぱり好きな事をすれば毎日がこんなにも楽しいのか!
とも思いました。

これからの人生はやりたい事をやればいいんだ!
そんな事もわかって幸せでした。

そして自分のこのやり方でうまくいくんだ!
と確信をも掴む事も出来ました。

この体験は開業に向けての大きなトレーニングにもなりました。
人生、やれば出来るさー。




モーツァルトな時間2、無事終了しました!
ちょっと無理かな?
と思った文京シビックのリサイタル。
懐かしい顔が次々と出てきて、涙が止まりませんでした。

「人々に勇気と希望をあたえる演奏家に、美しく成長された
紗絵さんのコンサート。熱いものがこみあげてきました」

「ステキな時間を過ごさせていただき、大満足です」

「初めてお目にかかり、コンサートすばらしく、また素敵でした。
近くで聞くヴァイオリンの音色に酔いしれました」

「きめ細やく柔らかな演奏が身体の中にしみわたるようでした。
世界のメジャーになってください」

「ホールのチラシを見て、飛び込みで入りましたが、
素晴らしかったです。今日からファンになりました」

「とても繊細な心に染み入る演奏、ありがとうございました。
成長されたお姿とても嬉しく思います」

「ひび割れた脳に染み入るような音色でした」

「期待に違わぬ素晴らしいご成長、充実ぶりに感嘆、嬉しく拝聴しました」

「一音一音に背筋がゾゾーッと、また参加したいです」

ブログを見て、聴きに来ていただいたニューイングランド音楽院の砂田さん、
ブログ仲間のOkeiさん、がぶりぼんチョコさん、kiyoさん、dannkaimasaさん、
お顔を拝見した時は本当に感激しました。
ありがとうございました!




音楽の宝石箱2、ありがとうございました!
前回とは違った顔ぶれでまた新たな感動がありました。
前回は付き合いで来たのに対し、
今回は音楽が本当に好きな方がいらっしゃたように思います。

「つくば市まで行けば聞けることは聞けるけど、
この八郷の地で本物の音楽が聞けるのが価値がある!」

「こんな時しかみんなに会えないんだよね。
みんなに会えて嬉しいです。ありがとう!」

「サラサーテを聞いて、血の巡りが良くなりました。
やっぱり生の演奏は凄い!」

「これからも、第3回、第4回と続けて欲しいです」

「また、来年も楽しみにしております」

「ヴァイオリンの演奏は初めて聴きましたが、素晴らしかったです。
特にサラサーテは圧巻でした。次はチゴイネルワイゼンが聴きたいです」

「チャルダーシュではフィギアスケートの浅田真央さんを思い出してしまいました」

次回はつくばのノバホールでやるんだ!と意気込んでいた
私の考えが間違っていた事を痛感しました。

地元、八郷の地だからいらしてくださる方がいて、
みんなみんな楽しみにしている事が伝わって来ました。
「みんな感動したいんだ!
遠い存在だったクラシックももっと味わいたいんだ」

そんな想いを感じた1日でした。




テーマ:日記 - ジャンル:日記


チャリティ・コンサート
文京シビックに聞きにいらしてくださる方の関係で
翌日の12月18日にお茶ノ水女子大付属小学校で
チャリティ・コンサートをする事が決まりました。

いずれはやってみたいと思っていた事だったので
このお話があった時はすぐ飛びつきました。
こんなに早く実現してしまうとは?
やっぱり動く事って大切ですねー。

音楽には人の魂を揺り動かす力があります。
ある時は勇気を与え、喜びを悲しみをも与えてくれます。
死のうと思っていた人がもう一度やり直そうと思ったと言う話も良く聞きます。
人生で迷っていた人が、決心がついたとか!
音楽を聞いて泣きくずれてしまう人もいます。
一冊の本を読むより影響力はあるかも知れません?

だから歴史上の為政者達も音楽のそういった力を知っていて
利用したのでしょう!

音楽は絵画と違って、瞬間芸術です。
残りません・・・。
しかし聞いた人々に大きな希望を与える力を持っています。

マザー・テレサにはなれないけれど、
音楽の力を借りれば、
マザー・テレサに近い事は出来そうな気がします。

音楽はやはり神様の贈り物ですね!




成人病検診の前日
私が毎年、1日だけ憂鬱になる日があります。
それは、成人病検診の前日です。
成人病検診がイヤなのではなく、
検診前のある束縛がイヤなのです。

ある束縛とは?
前日の夜9時までに食事を済ませ、アルコールは飲まない事、
当日の朝の食事、飲み物は一切ダメ!
これが凄いプレッシャーになります。

検診日の前日になると緊張して落ちつかなくなります。
私がアルコールを飲まないのは、実はこの1日だけです、ツライ・・・。
朝の検便も大キライ!
あとはいつもの習慣でコーヒーを飲んでしまってアウトの苦い経験があります。
家を出る迄は神経を使い、完璧だーと思ったのも束の間、
会社に着いて、ついいつもの習慣でコーヒーを・・・。
「別な日に来て下さいー」

今回も辛かったけど、これも最後かな?
と思うと急に神妙になってしまいました。
普段、見られない顔ぶれが見られるのも検診日の面白いところだし、
みんな他の会社や他の部署に移って、今ではほとんど顔を見なくなっています。
「懐かしいなー」でもみんな疲れてる感じがするな。
企業戦士はツライよー。

心臓の件で先生に詳しく聞いてみました。
「心電図で異常があって、
心エコーで調べたら、ちゃんと動いていたという事だよ。
まぁ、よくある事だね!心配ないね」
血圧も自宅で測って記帳できるように血圧手帳も頂いてきました。

会社員の場合、イヤでも毎年、検診を受けられるけど
これから自由業になったら、自分の意志で受ける訳だから、
毎年、誕生月には受診するとか決めないといけないだろうな!





♪クリスマスサロンコンサート♪
♪クリスマスサロンコンサート♪

丹羽紗絵+大山聡デュオリサイタル
Violin+Piano Duo Recital

2007.12.20(木)
開演:7:00(開場6:30)
場所:愛知芸術劇場 大リハーサル室
チケット:大人2000円、中学生以下1000円

曲目
クライスラー:愛の悲しみ
クライスラー:愛の喜び
クライスラー:中国の太鼓
モーツアルト:ヴァイオリンソナタk376

お問い合わせ:Seed for Peace & Arts 企画
0561-72-8410
email:seeds4peace@gmail.com




♪モーツアルトな時間2♪
♪モーツアルトな時間2♪

『丹羽紗絵ヴァイオリンリサイタル』
2007.12.17(月)
開演:10:30分(受付10:00~)
場所:文京シビックホール 小ホール
丸の内・南北線「後楽園」、三田・大江戸線「春日」、JR「水道橋」
チケット3,000円、学生2,000円

曲目
モーツアルト:ヴァイオリンソナタK376
ブラームス:ヴァイオリンソナタ2番
プロコフィエフ:ヴァイオリンソナタ
チャイコフスキー:ワルツスケルツォ

お問い合わせ:090-4457-6250





♪音楽の宝石箱2♪
♪音楽の宝石箱2♪

『丹羽紗絵ヴァイオリンリサイタル』
2007.12.5(土)
開演:6:30分(受付6:00~)
場所:ギター文化館
電話:0299-46-2457
住所:石岡市柴間431-35
チケット:3000円

曲目
ドボルザーク:ユーモレスク
バッハ:シャコンヌ
チャイコフスキー:ワルツスケルツォ
千の風になって

お問い合わせ:090-4457-6250




ヴァイオリニスト来日!
12月8日17時40分着のノースウェスト航空便が
1時間早まって、16時41分に着きました。
新しい入国管理システムも日本人は関係なく30分後に出てきました。

3月に帰国して以来、実に9ケ月ぶりです。
Jasper String Quarteのメンバーになったのが6月。
新しい指導者チョーリャンリンについて半年。
どのように成長したか楽しみです。

自動車の中でアメリカの音楽界の実情も聞くことが出来ました。
以前はドロシー・ディレイ=ジュリアード音楽院が主流でしたが
ディレイ亡き後は、ドナルド・ワーレンシュタインの時代になり
ニューイングランド音楽院が主流になっているそうです。
日本でも桐朋の時代から、桐朋と芸大の共生時代になっているように・・・。

6年前に原田先生から「これからはワーレンの時代になる!」
その一言で留学を決めてしまった事は、大正解だったようです。
アメリカ国内では、ワーレンシュタイン門下と言うだけで、
先生達は見る目が変わってしまうそうです。
そして最近になって、やっと先生方に「上手な子ね!」と
認められるようになった事が大きな自信につながっているようです。

ソリストの時代からクァルテットの時代へ!
これもアメリカでは主流になってきてます。
いずれ日本でもクァルテットの波が押し寄せてくるのは間違いありません。
その時に第一人者となっている事を願っています!




師走エクスプレス
師走に入り、もうそれだけで忙しいのに、
今年は異常です!

12月は単なる消化月間に過ぎず、新しい事は何も出来ません。
今日は成田空港まで娘を迎えに行きます。
15日つくば、17日文京、20日名古屋でコンサート。
22~24日は年賀状(開業挨拶も兼ねようっと)
29~31日は大掃除(事務所スペースの確保)
と外せないものばかり・・・。

ホームページは年明けからスタートする事にしました!
友人達のホームページを見てみると、
カンタンなものでも良いと思い直しました。
つい先輩達の立派なホームページをライバルにしてしまっている
自分がバカげて思えてきました。
ちょっと気張り過ぎーですね。
まずは2ページでもいいからアップしよう!

ただ今はもっともっと休みがもっと欲しいです。
会社も追い込みで残業が多くなり、
平日は忘年会続きで夜はバタンキュー。

今年はタダの師走ではなく、師走エクスプレスです。





「拡張型心筋症」と言う難病
「拡張型心筋症」と言う病気をご存知ですか?
実は今年の2月14日の再検査で、その病名を告げられました。

私の心臓は普通の人の3分の1位しか機能していないと言うのです。
国家指定の難病で、申請すればお金が貰えると言う有難くない病気です。
まさか自分がそんな病気にかかるなんて・・・。
インターネットで調べてみると、この病気にかかると、長生きしても5年!
治療方法は心臓移植しかないと言う絶望的なものでした。

今年の4月の開業目指して頑張ってきた私を阻んだものは、
実はこの病気だったのです。

開業すれば絶対無理するのは目に見えています。
私は半分は信じてなかったのですが、半分はやはり恐れていました。
残り5年の寿命を2年にする訳にはいきません・・・。

やはり開業は1年延ばそう!と決めました。
でも沸々と湧いてくる独立への想い・・・。
寿命云々の問題ではなくなっていました。
このまま会社員で終わっていいの?
そんな想いの方が強かったのです。

2ケ月毎の検診でも結果は同じ。
心電図に乱れあり、血液も健全な状態ではない!
迫り来る死の恐怖に怖気づいている自分が惨めでした。
「誤診に決まってるよ!」
「誤診であってくれー」祈るような毎日でもありました。

死と対峙した毎日、疲れ切って自暴自棄になった事もあります。
人にも言えぬ苦しみ・・・。

11月の検診でも結果は思わしくなく、精密検査の為に、北里病院へ行きました!
やはり「心電図に乱れあり」
「心電図エコーで徹底的に調べますか?」
元気なく「ハイ・・・」
結果は、心臓の左心房と右心房のバランスが悪く、
心電図に乱れは出ますがあなたの心臓は正常です!

9ケ月間の死の恐怖との戦いは幕を閉じました。
一度は死を覚悟した人間です。
残された命をおまけと思い社会の為に生かしていきたいと思っています。




INFOBARからINFOBAR 2 へ
これまでINFOBAR(090)を持っていて、
今年の夏にINFOBAR2が発売されると聞いて待っていました。
ところがauショップで聞いてみても、
「発売されるかどうかはわかりません!」
妻はとうとう我慢できずにMEDIASKINを買ってしまいました。

私は会社のau(080)を持っているので、
来年の3月までに買い換えればいいや!と呑気に構えていました。

auは妻の期待を見事に裏切り、
12月1日にはINFOBAR2を発売してしまいました。
早速auショップにINFOBAR2を見に行くと、
その凄まじいまでの人気にビックリ・・・・?
あとは値段の高さにもビックリー。
その時はしばらくは傍観者でいようと決めました。

今日、会社の帰りにキムラヤに覗きに行くと、
何とnishikigoi以外の3種類が残っていて、
しかも格安でしたので慌ててWARM GRAYを買ってしまいました・・・。

INFOBARはデザインは優れていましたが、
性能は流石に古く、特に音声は聞きにくくなっていました。
充電も1日で終わってしまうし・・・。
だから会社の携帯に頼る毎日でした。

でもこれからはINFOBAR 2をフルに使いこなし、
仕事でもフル稼働できるよう、早くマスターしなければなりません。

カッコだけ良くても生きていけないのよねー?




『一生懸命って素敵なこと』
『一生懸命って素敵なこと』林文子さんの第二弾も読みました。
やっぱり素晴らしかった。

「おもてなし」精神でトップセールスに
お客様が来店すると、まずドアの外まで飛び出してお客様をお迎えする。
ショールームに迎え入れて、
「いらっしゃいませ。お暑い中、ありがとうございました。どうぞお掛けくださいませ。
お暑いですから、冷たいもの-ウーロン茶かアイスコーヒー、どちらになさいますか?」
「今日はお休みですか。毎日お忙しいでしょうね。
失礼ですが、お仕事はどういうご関係ですか」

そういう話をしばらくしてから、
「それでは、おクルマをご覧ください」
まず奥様に運転席に乗っていただいて、ハンドルに手をかけていただく。
そしてご主人に向かって、
「ご主人様。先ほど、お二人でショールームにお入りになられたとき、
ああ、素敵な奥様がお見えになったと思いましたけど、
この赤いシビック、奥様にとてもお似合いですね」

けっしてお世辞ではなく、その方の素敵な部分をクローズアップしてお話する。
少しでも気持ちよく帰っていただきたいという思いから出てくる自然な言葉だ。

私流のおもてなしをしたら、たちまち私は販売店のトップになったのだ。





『浪人のすすめ!』
いきなり変な事を書いてしまいましたが、
受験浪人ではなくて、開業浪人の事です。

行政書士は、登録してすぐ開業するケースが多いのですが、
私の場合は、3月に登録しまして、4月開業の予定でした。
それが色んな事情が重なりまして、
来年の3月まで延びてしまいました。

でも3月に登録した事で、
世田谷支部の総会にも出席できて、
入管のK先生とも出会う事が出来たし、
色んな意味でアドバンテージが持てました。

どんなアドバンテージかと言うと、
東京行政書士会の会員になった訳ですから、
東京の毎月の実務研修会にも参加できました。
これは予備校での開業セミナーよりも
もっと実践的で素晴らしいものでした。
また懇親会では先輩の方とも親しくなれた事も財産です。

私は3ケ月間、この人脈作りに精を出しました。
お陰さまで、あらゆる専門分野の先生方と親しくなる事ができました。
という事は、どんな仕事が来ても相談できる人がいると言う事です。

先日、これから登録すると言う新人の方とお話する機会がありました。
同じ新人でも、私の方がかなり先を行っている事も理解できました。

開業しても最初の半年は、収入がないものです。
だったらダブルワークで、収入がある分を研修費用に回して
実力をつけてから独立した方がリスクは少なくなる!
が最近の私の実感です。

だから開業する前に登録し、
最低でも半年間は浪人する事をすすめたいのです!




つくば最終章!
文京シビックの集客が順調に行っているのに対し、
つくばのギター文化館が伸びていません。

前回のような勢いがまだありません。
やっぱり足を運んだ回数の差は歴然としています。
つくばへ行くのは、今回が最終日として車を出しました。

1軒1軒、掘り起こし作業です。
主人が不在で奥さんが対応してくれた場合は
「チャンス!」です。
こうした音楽会は、男性よりも女性を狙った方が上手くいきます。
これは体験上、わかっています。

奥さんと世間話をしながら、ニーズを探っていく。
普段、主人がいる時は表に出てこない人が
実はもの凄い人脈を持っていたりするのです。
住職の奥様は、何とチケット20枚!と言ってくれました。

高校時代の女性の友人宅へ伺うと、
これから女性達5人で会うとの事。
名前を聞いたら、5人中4人は知っていました。
「このチラシ渡してー!」

今回は、何と40名以上の獲得が出来ました。
人の心を動かすもの・・・
それはやっぱり行動しかありません。
口だけでは、人はちっとも動いてはくれません。

やっと、つくばのギター文化館も見えてきました!




寒いとブログが書けない?
ブログはこれまで朝の5時位に書いていました。
夜は仕事で疲れ切って、
頭が全然冴えないので書けないのです。

朝なら頭もスッキリで
夕べに思いついた事を書き綴れます。

私は、寒いのはとても苦手で、
朝早く起きれません・・・。
朝5時に起きて、ストーブを焚いて
震えながら、ブログを書くよりも
少しでも布団の中で寝ていたーい?心境なのです。

そうこうしている内に
頭の中で湧いてきた、ブログの題材も忘れてしまって
悪循環が続いています。

最近残業が続いているのも、
後押ししてるかも知れません。

寒いのは苦手なので、
開業も2月4日から3月1日に延ばしてしまいました・・・。
もっと自分に厳しくしなければいけませんね?






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。