VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近、緊急案件が多いです
入管はかなり混んでいました。

年度末と月曜日のせいだと思う。
外国人がごった返しだった。
2時30分着で約80人の待ち。

火曜日の予約を使えばよかったが、
クライントの急ぎの依頼だったので、
1日も早い方が良いと判断して月曜にした。

どんなに混雑していても
火曜日に出すよりは、月曜日に出した方が
1日早く、許可が下りるからだ。

その後、法務局にOCR用紙を取りに行こうとしたが、
4時30分に閉まってしまうので諦めた。
近くの本屋さんで、購入する事にした。

5時にクライアントと待ち合わせ。
用意してもらった書類を受け取る。

商談中に電話が入る。
「これから事務所に向かいます」
「今、渋谷にいるから、渋谷に来れない?」

クライアントは事務所に向かってしまった為、
補助者に代行をお願いした。

7時から8時までは別の仕事。

事務所に向かう道、携帯の着暦から電話した。
「先生、ご相談があるんです。
今日中にどうしても詰めなければならない話で」

急遽、○○まで向かう。
終わったのは10時30分でした。




↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター






スポンサーサイト

朝3時に起きて仕事
日曜日に事務所に来訪者があった。

緊急なので対応した。

来週、出張で中国で出かけるので
ビザの更新を急いで欲しい依頼。

月曜日は、別の相談が夕方に入っている為、
その前の申請となる。

月曜日の資料作りも終わっていない・・・。

夜は疲れていて頭を使う仕事は出来ないし、
月曜日の午前中に2つの仕事は終わりそうもない。

1日は24時間しかないんだー。
月曜日の約束を火曜日に延期しようかとも考えた。

そんな安易な考えでいいの?

思いついたのが、受験生時代にしていた朝勉。

朝早く起きて、仕事すればいいじゃん?
悩みはスンナリと解決できた。

今朝は3時に起床。
昨日の案件を片付ける事が出来た。
これで今日、入管に申請できるし、夕方商談も出来る。

これから、もう1件の資料作成に取り掛かります。

人間、追い詰められれば、道は開けるものだ。





↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター









世の中はつながっているんだな
最近、世の中はつながっているんだな。

そう実感する出来事が続いています。

以前、研修ビザの相談で栃木県まで行って、
仕事にはならなかったけど、
その時の体験が生きて、別の受注に生きています。

興行の仕事で作成した資料が
技能の仕事で活きたり、
日系3世の仕事で必要だった家計図が
親を呼ぶ時に、有効な資料となったりする。

会社設立のノウハウが、
投資・経営の仕事にも役に立つ。

入管の明示している必要書類も
ただ機械的に収集するのではなく、
何故、必要なのか?
入管はどこを見るのか?

だったら、こんな書類を追加すれば、より効果が出るとか、
より突っ込んだ仕事が出来るようになりました。

そんな事を考えながら、仕事を進めていくと楽しい。

私のライフワークである音楽関係の仕事も
行政書士になっていなければ、
出来なかった仕事も舞い込んで来ました。

ビッグプロジェクトも水面下で動き始めました。

ずっとペーパーだった行政書士も、
あの時に知人から進められなかったらやっていません。

人生って無駄な事なんて少しもなくて、
すべてつながっているんだなそう実感しています。

だから一生懸命、生きること。
そして感謝の日々です。





↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



補助者の初仕事
連日、人と会っている。

当然、事務仕事が溜まってきていた。

人と会って、話を聞くというのは、
全神経を集中するので、凄く疲れる。

頭がボーとして思考能力もなくなっていた。

更新と変更の許可が下りたので、
入管に受取に行く仕事を補助者に依頼した。

入管への申請取次は、行政書士本人しか出来ないが、
受取は、補助者でも出来る。

私の届出済証明書と補助者証を提示すれば、受付けてくれる。

往復と待ち時間合わせて、3時間の空き時間が出来た。

急に明日の夕方アポが入った。
これで明日もまた仕事が出来くなった。

急いで溜まっていた仕事を手がける。

夜は誰もいない事務所の中での作業。
仕事に集中できた。

終わったー。
時計を見たら11時になっていた。





↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



日本語学校設立の依頼
日本語学校設立の相談が相次いでいます。

中国を離れて30年。
中国の学生達の為に橋渡しとなりたい。

日本語学校設立の為には、
1年以上の準備期間と
3年間の資金力が要求されます。

海外での学生とのパイプ役も必要。

これまで相談のあった方は、
経営者が中国、韓国の方、
日本人でも社員に中国人がいる方です。

ここでも言葉の壁が問題となってきます。

少子化に伴い、
予備校、専門学校、幼稚園が廃校しています。

経営者が次に考えたビジネス。
日本語学校の経営。

但し、素人が飛び込んでうまくいくほど
甘い世界でもない事も確かです。

1年間の準備期間を経て、
しっかりとした事業計画を立てて、
経営する必要があります。

『ビザ衛門』は、
日本語学校設立の相談から、
現地調査、役所との折衝、学校法人の設立、
資金借入、経営相談、日本語教師の派遣、ビザの相談等、
すべて行ないます。

ご安心ください!



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター





六本木ヒルズの事務所へ
13時の約束で六本木ヒルズに向かった。

今後の事業展開を考えての行動。

瀟洒な事務所で、外資系企業を主にクライアントにしている。
企業名を聞くと、有名企業ばかりだ。

「ウチの事務所はAランク案件ばかりだから」
なるほど企業名を見せてもらって納得した。

「パスポート認証した事ありますか?」
「相談は来た事があるけど、やった事はない」

「これってビジネスチャンスになると思わない?」
「まだ手がけている行政書士は少ないし、ニッチ分野かも・・・」

「報酬はいくらですか?」
「○○くらいかな?」

「証印転記手続きはやってます?」
「業務としては取り組んでいない」

「ホームページに追加したらどうですか?」
「ビジネスになるとは思っていなかったら書いてなかった」

「ウチは○○円で請け負ってます」
「確かにホ-ムページの検索では多いキーワードですね」

「どんどん新しい仕事を見つけていくべきだわ。
仕事は色んなところに転がっているのよ」

「今後、増えていく外国人の労務関係にも強くなりたいし」
「私は、著作権絡みの仕事もゲットしていくつもり」

「これから社会保険労務士も外国人市場に参入して来ると思うのよ」
「確かに知人の社労士は、外国人?英語?ってみんな敬遠している」

「ねぇ一緒に組んで仕事していかない?」





↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター









侍ジャパンに学ぶ
「引越しするので、シュレッダー使いませんか?」

代々木上原のマンションまで引き取りに行った。

加湿器や書類カゴ、ワイングラスまで頂いた。

早速事務所に戻り、
シュレッダー、加湿器、書類カゴをセッティングする。

シュレッダーは、かさばる書類をコンパクトに出来るし、
書類カゴは、整理できないでいた書類を区分けすることが出来た。

これで一層、業務の効率化が図れる。

TVではWBC日韓戦を放映していて、
気にしながらも仕事があるので渋谷に向かった。

14時に待ち合わせして、終わったのが17時。

妻の来日を楽しみに待っている顔を見ると、
何とかしてあげたい!と思ってしまう。

侍ジャパンはどうなったのか?

延長10回、イチローの2塁打で5対3で勝った情報が入った。

今日は祝杯をあげるぞ!
早速ワインを購入する。

今日、頂いたばかりのバカラのワイングラスで飲む
侍ジャパンの勝利のシャンパンは格別だった。

夜はずっと侍ジャパンの放映を見ていた。

意地と意地のぶつかり合いで、
彼らはホントの侍(サムライ)になった。

最後に勝つのは執念の差なんだ!
私もホントの士(サムライ)になりたいと思った。




↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター







日本のパスポート取れますか?
「日本のパスポート取れますか?」
「取れますよ」

「いくら?」
「○○」

「おー安ーい、さすが丹羽さーん」

以前、ビザの相談があった人でした。

「今のビザは何?」
「永住権だよ」

「永住権じゃ無理だよ」
「ウソー友達みんな持ってるよー」

「戸籍謄本とか住民票に名前載ってる?」
「載ってるよー」
「・・・・」

「それって帰化の事じゃない?」
「帰化って何?」

「日本の国籍を取って日本人になる事、名前も変わるしね」
「そう、そうそれだよ!」

「ごめん帰化だったら、報酬は○○になるよ」
「どうりで安いと思ったよ」

「期間とかはどの位、かかる?」
「まぁ半年は考えて」

「○○は優良外国人だから、3ケ月で出るかも?」
「丹羽さーん、随分早いねー。さすがだよ」

最近、西洋系の方からの帰化の相談も増えてきました。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター


「ビザ衛門のIT戦略」
ビザ衛門IT戦略の一環として、パソコンを1台増設した。

従来のVAIOに加え、2台目のVAIOを買った。

2台目のVAIOで、新しい試みが出来そう?

4月以降に、ITを使った新しい手法にチャレンジします。

マーケティングは、同時に沢山試みてはダメです。

同時に進めると、どの手法が効果を出したかわからなくなるからだ。

一つ一つ効果を確認しながら進めていくのがベスト。

これまでも数々の手法を試みてきました。

何が良くて、何がダメなのかもわかりました。

ずっと頭の中で構築中だったものをテストしていきます。

ある研究会で、「IT戦略」について話して欲しいと言われました。

でも断りました。

まだまだ発展途上だったからです。

自分としては未熟で、もっともっとチャレンジするものがあるから。

ITほど奥が深く、素晴らしいものはないと思っています。

ITを使った集客手法もまた別物です。

従来と同じ考え方でやると失敗する。

もう1台のVAIOでチャレンジします。




↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



オーストラリアの旅券はカンガルーとエミュー
オーストラリアの方から旅券を預かりました。

表紙を見て一目で大好きになってしまいました。

オーストラリアの国旗を挟んで
左側にカンガルー、右側にエミュー
が向かい合っている図柄。

表紙の色は紺で素材も絹目になっていて素敵でした。

中を開いていくと、
1頁が4区分されていて、
キチンと証印のシールが4枚ずつ貼られています。

上陸許可と出国のスタンプも左右に押されていて
いつ入国していつ出国したかも見やすい。

こんなパスポートを見たのは初めてです。

他の国のパスポートの証印やスタンプは
あっちこっちに貼られていて、
順番に探すのに苦労してしまいます。

急に他の国のパスポートはどうなってる?
手許にあるパスポートを見てみました。

やはり表紙には国家のマークが入っています。
でもそれだけ・・・。

中国はエンジ色
台湾は緑色
カナダは紺でした。

他の国は手許にないので忘れてしまいました。
中身はコピーしても表紙まではコピーしていませんでした。
大失敗!

これからは表紙はカラーコピーしようっと。

世界各国の旅券コレクターになるのも楽しみです。




↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター




分刻みのスケジュール
起床は5時50分。
電車に乗ったのが7時6分
7時50分に橋本駅に着いた。

迎えに来てもらった車で彼の会社に向かう。
人事部の方に会い、帰化の推薦状の依頼をする。

10時に相模原法務局へ
10時30分から帰化の面接。

最初は夫だけ呼ばれた。
30分後に妻が呼ばれる。
終わったのが11時45分。

8月末までに帰化の許可が下りるよう祈るだけだ。

12時5分、相模原駅から日本橋へ向かった。
国際部の研修会があるからだ。

テーマは「退去強制にかかわる入管法上の手続き」

着いたのは13時28分、ギリギリ間に合った。

会場は満席だった。
チラホラ顔見知りの先生の顔が見える。

研修会が終わったのが16時30分。

17時30分に自由が丘で商談がある為、
急いで地下鉄に乗った。

会社で2人の外国人を招聘する内容だ。
先日のコックの招へいの仕事のノウハウが生きた。
終了したのが19時。

無駄な仕事なんてないさー。

自由が丘に向かう途中、携帯電話が鳴った。
再入国申請の依頼だ。
仕事が忙しくて入管に行っている時間がないらしい。

何と電話だけで商談が成立してしまった。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター









以前、問い合せのあった方から
以前、問い合わせのあった方からの
電話が相次いでいます。

話を伺っていくと、聞いた事のある内容で
「以前、お電話いただきましたね」

「前、電話した者だけど・・・」

ノートを見ながら、
「あーあの時のね?」

しばらく電話がなかったので、
もう依頼してこないと思っていました。

こんな電話は一際うれしい。

色々考えて当事務所に依頼してくれる。

ある方は色んなホームページを見て
「ビザ衛門に決めました」

期待に応えなくちゃと思う。

最近人脈からの問い合せも増えてきました。

人脈からの依頼は時間がかかるものと思って、
あまり期待していませんでした。

それがポツポツと出てきた・・・。

ベテランの先生から
「良い客筋を掴みなさい!」
そんなアドバイスを頂いた。

一つ一つ信用を掴んでいく大切さを感じています。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター






会員証更新と補助者登録
行政書士の会員証の期限が平成21年1月31日で期限切れ。

3月31日までが更新期間だったので、
補助者登録も同時に申請しました。

会員証は平成26年1月31日まで5年間有効。
補助者証は平成22月3月31日まで1年間有効。

まるで在留資格の更新手続きみたいだ。
1年有効と5年有効。

1年有効の方は、また来年更新に来る必要がある。
5年有効は、しばらく更新の心配がいらない。

少し外国人の気持ちが理解できたような気がする。

1年更新許可が下りた時の憂鬱さ。
1年後に添付書類を揃えて、
収入印紙4千円を支払い、
入国管理局で半日待たされる。
1週間後に受取りにまた入管に出かける。

5年間有効の方は、
まるで優良外国人になったかのような優越感。

入管法改正に伴い、3年許可が5年許可に延長となる。

外国人にとって、1年許可か5年許可かは
天と地の違いのようだ。

我々の仕事の中に新しく、
「5年許可を取ったら、成功報酬もアップする」
そんな仕事も出てくる気がする。

補助者は申請取次は出来ないが、旅券の証印受取は出来ます。

証印受取を補助者に依頼すれば、業務の効率化が図れます。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



日・インドネシア経済連携協定に基づくインドネシア人
看護師・介護福祉士候補者の受入れについて
看護・介護分野の労働者の受入れを含む
日・インドネシア経済連携協定は平成19年8月20日に両国首脳によって署名され、
我が国国会の承認(平成20年5月16日)を経て、
平成20年7月1日に発効しました。

これにより、平成20年度からインドネシア人看護師・介護福祉士候補者の受入れが開始されました。

(平成20年度の受入れについて)

日・インドネシア経済連携協定では、
当初2年間で看護師候補者400名、
介護福祉士候補者600名を上限として受け入れることとされており、
平成20年8月には協定に基づくインドネシア人看護師・介護福祉士候補者
(以下「インドネシア人候補者」という。)
の第一陣として208人を受け入れました。

介護福祉士候補者(104人)のうち、
日本語研修を免除された3人は
社団法人国際厚生事業団(JICWELS)による介護導入研修を経て
平成20年9月から受入れ施設(2施設)で就労・研修を行っており、
財団法人海外技術者研修協会(AOTS)及び独立行政法人国際交流基金における
日本語等研修を修了した101人は
平成21年1月29日から受入れ施設(51施設)で就労・研修を開始しています。

看護師候補者(104人)はAOTSにおける日本語等研修を修了し、
平成21年2月13日から、受入れ施設(47施設)での就労・研修を開始しています。

(平成21年度の受入れについて)

平成21年度の受入れについては、
最大792人(看護296人、介護496人)を予定しており、
受入れ希望機関については、
協定に基づく我が国唯一のあっせん機関であるJICWELSが、
候補者については、インドネシア海外労働者派遣・保護庁(NBPPIW)が募集します。
インドネシア人候補者はマッチング・雇用契約の締結等の手続を経て、
7月頃より6か月間の日本語研修を開始する予定です。
この日本語研修のうち、
最初の4か月間はインドネシアで実施される予定であるため、
インドネシア人候補者の日本への入国は、11月頃になる見込みです。
その後日本で2か月間日本語研修を行い、
平成22年1月頃から受入れ施設での就労・研修を開始する予定です。

受入れ希望機関の募集は3月3日より開始されていますが、
詳細については、JICWELSにお問い合わせください。

なお、平成21年度の介護福祉士候補者の受入れについては、
インドネシアにおいて介護の研修を修了してインドネシア政府の認定を受けた者が
新たに対象となる予定です。



東京入国管理局横浜支局が移転
東京入国管理局横浜支局が移転する。

みなとみらい線「元町・中華街」駅からすぐで
アクセスが便利だった。

それが京浜東北・根岸線「新杉田駅」から
バスで15分となる。

金沢八景の近くだ。

移転日は5月で業務開始日は未定。

横浜支局は神奈川県全域の申請を管轄している。
よって神奈川県の案件は品川には申請できない。

確かに神奈川の申請件数は膨れ上がっている。
現在のスペースでは狭すぎる。

昨日も13時に受付をして順番が来たのは14時30分。
大変な時間のロスだ。

新庁舎に移転すると、
品川と同じく予約制になると助かる。

横浜支局の移転は、
膨れ上がる外国人の増加を物語っている。

そして相談の内容も複雑で多岐に渡るのが予想される。

一層の研鑽を積まなければならない。

新庁舎の住所は
横浜市金沢区鳥浜町10-6


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター





年間600件の申請
5年前に開業して大成功されている事務所に
勤務されている先生と話しました。

1週間に申請10件。
1ケ月で申請50件。
1年間で500~600件。

所長含め3人の所帯。
1人当たり200件の申請になります。

1人の申請件数は200~250件が限界かな?
と感じていました。

200件を超えたあたりから補助者を雇う。

今年は申請200件を目指しています。

来週は20件の申請が入っているし、
それなりに手ごたえは感じています。

だから営業はしない方針。
営業していると仕事に影響が出てくる。

営業しなくても仕事が回ってくる仕組みも出来ました。

あとは仕組みを強化していくだけです。

繁盛している先生と話すと元気が出てきます。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター








確定申告終了!
崖っぷちに追い詰められての確定申告。

もう後がないと思った瞬間、馬鹿力が出た。

1時間30分で仕上げてしまった。

やれば出来るじゃん!
妙に自信が出てくる。

これならクライアントの会計記帳も出来るよ。

会計記帳もして毎月社長と会って話していくうちに、
相続の話になり会社の増資やら許認可も取る。

そういった営業手法もあります。

しかし『ビザ衛門』はあくまでもビザの仕事にこだわりたい!

1件でも多く受注し外国人のお役に立ちたいと考えています。

在留資格のスペシャリストを目指しています。

その為に日々営業努力を重ねています。

月20件の申請が目標です。

やっぱり会計記帳は外注にします。




↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター





色んな外国語を話せるんですね?
永住権を持っているインド人の弟の
ビザの更新で必要な書類を渡しました。

永住者で日本語も上手に話せるし、
帰化の相談も受けていたので日本語の書類を提出しました。

「おー読めません」

そうかインド人にとっては漢字を見ると頭が痛くなってくるよなー。
慌てて英文で書いた書類を渡しました。

先日、別件でタイ語で書かれた証明書の中に、
あの文字を見た時、立ち眩みしそうだった・・・。

ロシア語も全然読めない。

色んな人から外国語が達者なんですねー
よく言われます。

これまで遭遇した言語。
英語、中国語、韓国語、ロシア語、タイ語、フィリピン語、ポルトガル語
フランス語etc

英語以外はそれぞれ母国語の達者な友人がいるのです。
だからすべて翻訳は依頼している。

ただ外国人と話したりするのは抵抗がない事は確か。
むしろ大好きな方です。
だからこの仕事を選んだ訳だし・・・。

世界の色んな文化や考え方を知ることは楽しいし、
考え方も広がっていく。

「入管の仕事は外国語がわからなくても出来ますか?」
「大丈夫さ、熱いハートがあれば出来るよ」
いつもそう答えるようにしている。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター






『ビザ衛門』を追いかけろ!
ホームページのタイトルを
「手作りビザのお店」にしようと思いますが、どう思いますか?

新人の方にそう言われました。
ピザをビザに変えてみたらしい。

「ピザとビザは見た目が似ていて難しいよ」

「じゃビザエモンってドラエモンから取ったんでしょ?
ドラミがいるからビザミはどう?」
「・・・・」

「商標権とかクレームつけない?」
「つけないよ」

「ドラゴンボールからビザゴンボールってのはどう?」
「別に構わないよ」

ビザ衛門のヒットに乗じて、
後輩達があの手この手で追いかけようとしています。

検索で上位に出てくるのはネーミングのせいかな?
私のホームページを見て色々研究しています。

先日も電話がかかってきて相談を受けました。

『ビザ衛門』ブランドを作り上げた先輩を尊敬しています。
いつまでも私達の目標であってください。

コピーされ始めたら成功の証、そう思っています。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター




ボクシング観戦
後楽園ホールのボクシングのチケットを頂いた。

チケットは前3列目のVIP席。
選手の息遣いやパンチがすべて見えた。
凄まじいパンチの応酬。

4回戦の選手は自らもパンチを出すが相手のパンチももろ喰らっていた。
未熟さが伝わってきた。

6回戦の選手になるともう少しテクニックもあり見ごたえがあった。
しかしKOはできないと思えた。

人はなかなか倒れないものだ。
たくさんのパンチを浴びても、さぁ来い!と立ち向かう。

8回戦の選手になると、テクニックもかなりあって、
相手のパンチを交わしながらパンチを繰り出している。

8回戦になってKOシーンが初めて見れた。

生で見るボウシングはテレビで見るボクシングとは別物である。
すべてがむき出しで見えてしまう。

パンフレットに採点表があって、
点数をつけながら観戦したが全然当たらなかった・・・。

ひいきの選手やジムが出てしまい、冷静な判断が出来ない。

テレビがすべてを映し出せない事実を理解できた
貴重な一日でした。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター





大和の帰りは中村屋
仕事で大和市に行ったので、
帰りに高座渋谷にある中村屋に向かった。

天空落としで有名な中村シェフのお店があるからだ。

米国留学中、母親を真似てスープストックで作った料理が好評。
これを機にオリジナルのスープストックを作り始める。

独学で研究を重ねたスープで作ったらーめんが評判となった。

中村氏の湯切りは、独自のスタイルを持ち「天空落とし」と呼ばれる。

ねぎ以外の具が載っていない「かけそば」メニュー。

特に平内麺の塩らーめんは最高だ。
麺はアルデンテを思わせる。

また火焙りした焼豚も絶品だ。

大和は遠いので、
兄の経営している恵比寿にある「AFURI」に通っていた。

だから仕事で大和方面に出かけるときは、
「中村屋」に寄ることにしている。

高座渋谷で下車し「中村屋」を探したが見つからなかった。

近くの人に聞くと区画整理で海老名に引っ越したらしい。

海老名にはディナーコースを提供する中村屋エッセンスがある。

止む無く帰ろうとしたら、
御茶ノ水に「三四郎」という新しい店をオープンした情報が入った。

神奈川・海老名、長野・昼神温泉でしか食べることの出来なかった
らーめんが、東京でも味わえる。

急に元気になった。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター






海外アーティスト招聘の仕事
「クラシック音楽が好きで・・・」
「以前音楽事務所に勤めていました」

そんな言葉に何かを感じ取りました。

音楽事務所とは有名な○○事務所でした。
当然クラシック音楽には造詣が深く、
行政書士になった動機も似ていました。

海外からアーティストを招聘し、
著作権絡みの仕事も引き受ける。

話は弾みました。

昨年チャイコフスキーコンクールの
ピアノ部門3位のピアニストを招聘した事や、
ニューヨークフィルのメンバーの招聘の話。

PMFの事も知っていたし、
レジデンシーカルテットも知っていた。

是非一緒にお仕事をしたいですね!

海外からアーティスト招聘の仕事は、
私のライフワークとして捉えていました。

趣味と仕事が一致したようなもの。
それがこんなに早く実現しようとは・・・。

帰りの電車の中でも喋りっぱなしでした。

仕事は引き寄せるもの、運も引き寄せるものです。




↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター






日曜はテレアポの日
日曜は確定申告があったので外出できなかった。

人はより多くの時間を割いたものが得意となる。
以前は簿記とか計算は得意分野でした。
計算も仕事も早かった。

数字を見る仕事から遠ざかって4年になる。
今では苦手分野となってしまった。
数字なんて見たくもない。

今日中に確定申告書は仕上がらないと判断して、
テレアポに切り替えた。

まるで水を得た魚のようにアポが取れた。
テレアポの仕事なんてしたことないのに・・・。

テレアポといっても知らない人に電話するわけではなく、
以前、電話があった方にフォローの電話をするだけ。

8人に電話して、全員会う約束が取れた。
8件受注である。

確定申告の書類を見ていると憂鬱になってくる。

ところが電話で話していると元気になってくる。

環境で人って変わるものだとつくづく感じた。

人は苦手な事をしちゃいけないんだよね!




↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター








ミニ勉強会
国際研のベテラン先生が、
事務所でミニ勉強会を開いてくれた。

昨年、友人が亡くなり、
知識を墓場まで持っていっても仕方がない。
自分が10年で掴んだノウハウを次世代の若者に残そう。

雨の中、集まったのは新進気鋭の4名。

一般の研修会の聞くだけのスタイルではなく、
各人が日頃の疑問をぶつけながら、答えを見出していくやり方。
メモしたノートは6ページにもなった。

入管法上の立場、行政書士の役割、
許可を取るだけの仕事じゃない、
外国人のコンサルタントである。

在留資格更新⇒変更⇒永住⇒会社設立⇒コックの招聘⇒増資
こんな風に10年も付き合っている外国人もいる。

偽装結婚の見分け方。
良い人を見つけると良い人を連れて来る。

人手不足は明らかであり、
これからは外国人と共存していかなきゃならない。

不許可になった案件を許可にした数50件の
大ベテラン先生の話は素晴らしかった。

懇親会でも、話は尽きることなく、
時計を見たら11時になっていました。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター





添付書類等リスト作成
先月から申請書類に
添付書類等リストを作って提出しています。

研修会等で教えてもらったのだが、
面倒臭そうでやっていなかった。

入管の審査官が見る順番で並べるとポイントが上がるらしい。

バラバラになっている添付書類を並べ、
審査官が見やすいように表題としてリストを作る。

添付書類等リストは作成してわかった事ですが、
自分のチェックにも役に立ちます。
意外と忘れたりするものです。

返信用封筒やハガキを忘れた経験もあります。
よく入管のコンビニでは、慌てて封筒を買っている先生も見かけます。
「あれー自分と同じだー」なんて・・・。

コピーは入管のコンビニでしてはいけません。
かなり混雑しています。
提出前に必ずコピーしておきましょう!

添付書類等リストは申請書の確認作業にもなるし見やすい。
きっと審査官の気持ちも同じだろうなぁー。
今日の3件の認定証明書のポイントアップも間違いなし!

そうだ申請取次リストを作成するの忘れてた?



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



行列のできる行政書士事務所
相談内容にも異変が・・・。

会社の都合で退職しました。
解雇された。
2月にクビになった。

外国人、日本人を問わず、
雇用問題での相談が増えました。

永住権取れますか?
結婚できますか?
帰化に影響はないですか?

弁護士は不景気にも強いです。
不景気になっても、新たな問題が発生するからです。

外国人の仕事も不景気に強いかな?
とにかく相談数は増えています。

すべての相談が仕事に繋がりませんが、
他の業種よりは多そうです。

私は行政書士はサービス業だと思っています。
もっと徹底したサービスを心がける!

横浜に行列のできる
外国人専門の行政書士事務所があります。

その事務所には大きな武器があります。
信頼とスピードとサービス。

不景気でも行列のできる行政書士事務所があるのです。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター





4月の人事異動に伴う相談
4月の人事異動に伴い、
海外から日本への転勤が決り、相談に来るケースが増えた。

3月に契約社員は整理の対象になるから、
新しい仕事を見つけてから・・・。

不況の波を受けて、外国人も深刻だ。

4月は、人事異動、就職、転職と大きな動きがあります。
在留資格の期限もこの時期の人が多く、
相談件数もかなり増えた。

外国人が永住権や帰化を求める背景には、
こうした事情もある。

日本人と同じ条件で働きたい!

「親の介護をする為に永住権を取れば、
何年、日本を離れられますか?」

「永住権を取ると、3年間は海外に出ても大丈夫ですよ。
但し、再入国許可の期限が切れたら、永住権も消滅します」
そう伝えている。

外国人が日本で生活していく為には、
本当に大変なんだなと痛感しています。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター






3月は緩やかなスタート
2月は緊急案件が4件もあったので、
ほとんど外出していました。

人と会って話を聞くのは、神経も使うし本当に疲れる。

それから解放されただけでも嬉しい。
かなり楽になった。

緊急案件は自分のペ-スで仕事が出来ない。
だからストレスとなる。

今は自分のペースで仕事が出来る。

そう思っていた矢先、電話が入った。
「先生、今週の何日に申請しますか?」
「色々クリアしないといけないところがあって、来週申請と考えていたけど」
「出来るだけ早くお願いします」

まぁこういった縛りがないと
人間ダラダラとなってしまいがち・・・。

今週中に認定2件申請すると決めた!

土・日も休まずに働いているから、疲れも溜まってきている。
でもクライアントはみんな真剣だ。

だから休むわけにはいかない。
仕事の合間を縫って休む習慣も覚えた。

たった今、お礼のメールと質問のメールが2通届いた。

不景気の最中、良しとしなければいけない。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター









ASEAN Students Career Fair 2009
ASEAN Students Career Fair 2009と称して
東南アジア10か国の留学生を対象とした
ジョブフェアが開催された。

東南アジア10か国(ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア、
カンボジア、フィリピン、シンガポール、ミャンマー、ブルネイ、ラオス)
から130名の留学生が参加した。

企業展示スペースには日本の大手企業12社が、
VISA相談コーナーとして、
『ビザ衛門』国際行政書士事務所が参加した。

国費や政府派遣などの奨学金を貰っている優秀な学生達。
大学名を聞くと、日本の有名な国立大学でした。

母国を代表して日本に留学してきた学生なので志が高い。
日本の文化や技術を勉強して、母国に帰り母国の発展に尽くしたい。

こんなに多くの中国、韓国以外の
アジアの方と接する機会はなかった。

日本語も上手で外見も日本人と変わらない。
アジアは一体なんだと実感させられた。

日本もアメリカばかりに目を向けずに
同じアジアの一員である事を認識し、
中国、韓国、東南アジアと共生していく時が来ていると思う。

10時30分から16時30分までの長丁場。
たっぷりアジアを堪能できました。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター





3月のテーマはスピードアップ!
3月がスタートした。

3月に入り年数の条件を満たす案件が
「永住」で4件、「帰化」で3件あった。

「永住」「帰化」共ヘビーな案件である。

3月のテーマはスピードアップを掲げた。
もっとスピーディに数をこなす事。

書類が揃わない等の条件で
4月にずれ込む案件も出てくると思うが、
とにかくスピード&チャージ!

クライアントに連絡すると、
「もう申請出来るんですか?」
喜び弾んだ声が返ってきた。

『ビザ衛門』では、
クライアント情報のデータ管理に力を入れています。

いつ更新か、何年後に永住に達するか!
厳しくチェックしています。
決してクライアント任せにしていません。

日々データ更新し、新しい情報の元に
毎月クライアント情報も入れ替えしています。

『ビザ衛門』は
煩わしい作業はすべて代行します。
そんなサービスを心がけています。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。