VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


70番目の国はどこ?
『ビザ衛門』を利用された国の数が69になっていました。

「70番目の国はどこだろう?」

ずっと思っていました。

70番目の国はミクロネシア連邦でした。

ミクロネシアはヤップ・チューク・ポンペイおよびコスラエの4州と
607の小さな島々からなる連邦国家です。

ミクロネシア、ポリネシア・・・。

中学校で習った記憶があります。

赤道直下の島々で、遥か遠くの国・・・。

まさか仕事で縁することになろうとは?

日系人も多く、大統領は日系4世です。

「ミクロネシア人はアメリカビザがいらない」

初めて聞きました。

「どうしてだろう?」

知らない事を知るのは楽しい!



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



.

スポンサーサイト

仕事が人を選ぶ
「仕事が人を選ぶ」

よく耳にする言葉です。

「この人ならこの問題を解決してくれる」

仕事の方から判断して集まってくるようです。

私は、緊急案件とか、誰もやってない案件に燃えるタイプです。

昨日、そんな案件が2件、舞い込んで来ました。

話を聞いただけで何かワクワクしてきます!

「先生、助けてくださいー」

「よーし!やってやろう」

「大変だー」と言いながら
いつも忙しくしているのが好きなようです。


2件とも期限が短いので、
ダブルブッキングにならないよう注意が必要だ。

これまで誰もやってない案件を沢山手がけてきました。

「チャレンジ!」が大好きです。

だからこの仕事を選んだのは必然かも知れない。

人は苦手な事をやっちゃいけないんだよね?



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター





難しい案件の許可が下りて飲む美酒は最高です
入管業務は、
必要要件を満たしたからと言って、許可が出ません。

許可が出ないと、外国人は日本に在留できなくなります。

「外国人の仕事をしている」と言うと
「難しい仕事をしていますね」と言われます。

通常の申請は、ほとんどの外国人が自分で申請しています。

だからそんなに難しくない。

でも数%ほど厄介な問題が起きてきます。

人と人の問題だから、杓子定規に行かないのです。

この数%の仕事の依頼に、私達は日々スキルを磨いているのです。

外国人だから、言葉や習慣の違いでわからない。

日本の法律も理解できない。

また入管行政は、日々変わっています。

昨日の常識が、今日の常識ではなくなっています。

絶えず新しい情報を入手して、外国人をバックアップする必要がある。

100%許可が下りないから難しいし、そこに醍醐味があります。

今、頭を悩ませている案件が数件あります。

しかし難しい案件の許可が下りて飲む美酒は最高です。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター





徹底した現場主義
私は徹底した現場主義を取っています。

現場には色んな情報が転がっているからだ。

だから出来るだけ現場に出かけるようにしている。

現場はクライアントの家だったり、法務局だったりします。

「事実は小説よりも奇なり」

机の上では考えられないような事が
現実には起こっているし、また相談が来ます。


「えッー、ウソー、信じられない・・・」

相談に真剣に答えていくうち、実力がついていきます。

先日も相談だけで仕事にならなかったけど
真剣に調べた事案がありました。

それが別の相談で思わぬヒントとなり、アドバイスが出来ました。

仕事って無駄なものはひとつとしてありません。

以前、「研修」がわからなくて、栃木県の会社まで行ったことがあります。

それで本を読んでもさっぱりわからなかった「研修」がわかった。

「難しい相談も逃げないこと」を座右の銘としている。

人間が起こした問題だから人間が解決できないわけがないのです。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター




歴史に翻弄された二人
13時に厚木の法務局で待ち合わせ。

相談は1時間30分かかった。

やはり戸籍がないのが指摘された。

戦後のどさくさ、
在日1世は本国に戸籍を出すのを忘れていました。

こんな人が多いんだよって。

韓国から取り寄せて、なかったらないで処理するしかない。

次の待ち合わせは16時30分にお台場だ。

本厚木から海老名、海老名から横浜、
横浜から新橋、新橋からお台場海浜公園と乗り継いだ。

台湾が日本の植民地だった時代。

日本の中学校を出てすぐ日本兵として戦った。

戦争の残した傷の大きさを感じざるを得ない。

周恩来の一声で帰国
「海外にいる留学生は中国へ戻れ」

日本が好きでずっと日本にいたいので、帰化したい!

戦争に歴史に翻弄された二人の運命。

生で聞く話は説得力があった。

この二人を国はどう判断するのだろうか?


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター






転職したら「就労資格証明書」
転職したら「就労資格証明書」

ずっと言い続けていました。

「就労資格証明書」の問い合わせが増えてきました。

外国の方は、更新や変更は知っていますが、
「就労資格証明書」は知りません。

「人文知識・国際業務」の在留資格を持っていて、
会社が変わった場合、在留資格が該当するかどうかわかりません。

在留資格が該当しないと、
会社を変えるか、帰国するしかないのです。

転職し何もしないで、更新の時期になって
「不許可」になって相談に来る方が多いです。

会社が変わった時点で、在留資格が妥当かどうか
入国管理局に審査してもらうのが正当なやり方です。


「日本人の配偶者等」の在留資格を持っていて、
日本人と離婚してしまった。

これも在留資格を変更しなければいけません。

離婚してもそのまま「日本人の配偶者等」で在留しているケースも多いです。

2010年の法改正で、
6ケ月以上婚姻の実態がない場合は、在留資格取消しの対象となっています。

婚姻の場合は、「就労資格証明書」に該当するものがありません。

永住申請する際に、
転職していた場合は必ず「就労資格証明書」を取るようにすすめています。




↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



韓国大使館と領事部
韓国大使館前に2時に待ち合わせ。

1時間待っても現れませんでした。

携帯を鳴らしても出ない・・・。

後日、彼女は領事部の前で1時間。

私は大使館の前で1時間待っていたことがわかった。

大使館と領事部は別の住所だと知った。

携帯は忘れたらしい?

仕切り直しで1週間後、領事部で待ち合わせした。

大使館は警察の厳重な見張りで重々しい雰囲気でした。

領事部は明るく誰でも気軽に入れる雰囲気。

1Fがロビーで、2Fがパスポート、戸籍関係の窓口。

日本の役所とレイアウトや雰囲気も似ている。

来ている人はみんな韓国人(当然か?)

日本語の流暢な韓国人もいた。

韓国人の中に囲まれていると、同胞であることを感じてしまう。

「おい、兄弟!」

そう叫びたくなる。

韓国大使館への申請は日本人は代理人になれません。

申請じゃなくても、また来てみたくなった。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター


帰化・・キカ・・きか・・・
帰化の相談が続きます。

面白いことに法務局がすべて違います。

厚木、さいたま、八王子、東京・・・。

色んな場所に行けて楽しいよね?

帰化は書類集めが大変です。

相談だけで3日かける法務局もあります。

法務局によっても対応が違うのでまた勉強になります。

帰化は外国人にとって究極の選択です。

もう後戻りは出来ません。

それだけに法務局の審査は厳しいものになってきます。

「何故、帰化するの?」

だからヒアリングは徹底して行います。

クライアントとの関りも数回に及び最後にはとても親しくなってしまいます。

先日、帰化したクライアントにインターネット版「官報」を教えたら喜ばれました。

インターネットでも、官報は見れるのです。

インターネット版「官報」URL↓
http://kanpou.npb.go.jp/



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



外国人にはお盆はないのです
13日は朝7時30分に出発。

最初から渋滞でした。

20kmのノロノロ運転で、土浦に着いたのが11時30分。

1時間30分のところが何と4時間もかかった。

2年後に筑波山にトンネルが開通することも聞いた。

仕事の忙しさにカマケテ、実家に帰ったのは1月以来となる。

久しぶりに友人と話してとても刺激になった。

これからはもっと帰省しようと思う。

13、14日は電話がないだろうと安心していたが、
予想に反して電話がかかってきた。

外国人にはお盆がないのだ。

「今日は土曜日なので、月曜日に連絡します」

「違います、今日は金曜日ですよ!」

もう曜日の感覚がなくなっている。

来年からは、高速の混雑やカレンダーも考慮し、
帰省する日はズラそうと思う。




↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター


古物商許可は出来ますか?
「コブツショウはできますか?」

「できますよー」

クライアントからの相談でした。

一度使用された物品、新品でも使用のために取引された物品
を「古物」といいます。

古物にはこんな物があります。↓

絵画、彫刻、着物、洋服、時計、メガネ、カメラ、ビデオカメラ、パソコン
コピー機、ファックス、家具、楽器、CD、DVD、ゲームソフト、カバン
バッグ、靴、毛皮類、書籍、商品券、ビール券、乗車券、航空券、郵便切手

これまで縁遠いと思っていた仕事も案外身近な商売だと気づきます。

「古物商」を外国人が始める場合も、警察への許可が必要となってきます。

申請書を見たとき、
「これは外国人には出来ない」と思いました。

「外国の方が来たときは、どうしようかと思いましたよ」

警察の方も行政書士が来て安心したようです。

パスポートが読めて、在留資格に詳しい。

そんな申請取次行政書士の出番はこれから多くなります。

ビザの相談だけじゃなく、
外国人の生活に密着した悩みや相談のお手伝いをしていこうと思う。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター




帰省は13、14日
帰省は13、14日と決めている。

だから今週は稼働日が3日しかない。

当然、仕事は押せ押せになっています。

こんなときに今週中に提出する書類が入ってきます。

来週じゃダメなの?

まるで年末みたいな忙しさだ。

明日、在留期限の切れる相談・・・。

もしかして明日、入管に行くかも知れない。

正式に仕事が決ったら、
午前中入管に行って午後帰省に切り替えるつもりだ。

この仕事は自由業であって不自由業なのかも?

GWもそうでしたが、長い休みが入ると、
当然、自由業は仕事のシワ寄せが来る。

仕事は消化しないといけないからだ。

長~い休みが嬉しいのは、会社員だけ?


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



陸運支局へ
車の名義変更とナンバー交換の日。

鮫洲にある陸運支局へ行くことになった。

ナンバー交換は封印してもらう為、車は持ち込みとなる

持参した書類は
譲渡証明書、委任状、印鑑証明書、車検証、車庫証明書。

まずA棟の行政相談で書類のチェックをしてもらう。

その後、受付窓口に行き、交付窓口で書類をもらった。

B棟の自動車税事務所へ行き、税申告手続を済ます。

これで車検証は自分名義となった。

次はナンバープレートの交換。

まず自分の車のナンバーを取り外す作業。

+ドライバーでこじ開ければ、カンタンと聞いていたが出来なかった。

仕方なくナンバー係の人に頼んで、ナンバープレートを外してもらった。

C棟に古いナンバープレートを返却し、新しいナンバープレートをもらった。

この際、好きな番号が選べるが、4日後になると聞いて諦めた。

封印は係の人にやってもらった。

出張封印の研修会を受ければ、自分でも出来るようになる。

これも外国人へのサービスの一環として出来ればと思う。




↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター




1年越しの相談は車の話?
「覚えてますか?」

「ええー」

1年前に相談があった方でした。

それが1年後に連絡が入るのは嬉しいことだ。

「車で行きます!」

ほぼ定刻に着いた。

「新車ですか?」

「はい、そうです」

何かニコニコして嬉しそうーだ。

「自分の国にいては買えません」

しっかりカーナビもついていた。

だから迷わずに来れたんだ。

「燃費とかどう?」

「14kmくらいです」

時代はエコかー。

これまでは6~7kmだったもんなー。

新しい車に乗ると気持ちもフレッシュになる。

私も新しく車を手にして青春時代に戻った気分。

ワックスやシャンプーのグッズも買いに行くつもりだ。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター


カーナビ初心者マーク
買い換えるならカーナビ付の車を買おうと思っていました。

他のカーナビ車に乗って、
その便利さと快適さに感心していたからだ。

タクシーに乗るとほとんどカーナビが付いています。

地図を見ながら、目的地に行くのはもう時代遅れの感がある。

自宅の住所をセッティングしてスタート。

北関東自動車道から入って東北自動車道に乗り換える。

すべてカーナビの指示通りに運転した。

新しく出来た中央環状道路が入っているか心配でした。

中央環状と首都高速の分岐点で、カーナビは首都高速側を示した。

カーナビを無視して中央環状側に入った。

中央環状道は勝手知ったるルートだからだ。

「やっぱり中央環状道のデータはまだ入っていなかった」

するとカーナビはリマップし始めた。

凄い機能だ。

カーナビではDVDもやTVも見れる。

しばらく説明書を見ながら機能を覚えていく日々が続きそうだ。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター




川越の帰りは『頑者』で決まり
川越で一仕事終えてタクシーに乗った。

「先生、何か食べて行きません?」

タクシー運転手
「川越はおいしいものがたくさんありますよ」

「つけ麺とか好き?」

「好きです」

「頑者って知ってる?」

タクシー運転手
「頑者は有名ですね」

「えっ、じゃ頑者にしよう」

頑者に着いたのが14時30分。

いつもの行列はなかった。

携帯で写真を撮っている人が多かった。

「やっぱり有名なお店なんだー」

以前あったかつお節の粉が置いてない。

「先生、おいしーい!」

前よりおいしくなっている。

こういった最前線のお店は常に研究しているからエライ!。

「帰ったら、娘に自慢しようっと」だって


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



長い間お疲れ様
15年間、連れ添った愛車とサヨナラした。

車検が8月で切れるので、
更新するか、買い換えるかで迷いました。

それとも車はガマンする・・・。

3者選択で残ったのは、買い替え。

田舎へ帰省する際に車はまだ必要だ。

つくばエクスプレスを使っても、迎えに来てもらわなきゃならない。

息子も免許を取ったばかりで、車の運転を覚える必要があるし・・・。

買い換えると決めた途端、色んな箇所が壊れ始めた。

廃車にする日は走っていて異音がした。

「もう走れません!」

そう言っているようにも聞こえた。

今回、車庫証明から廃車手続、所有権放棄、名義変更まで
全部、自分でやる事にした。


「どうしてって?」

本来、この業務は行政書士の得意分野だからだ。

知らないで通す訳にはいかない。

こうした業務をやってみて気づいた事。

行政への手続の仕方等、大変勉強になりました。

でも車庫にいつもあった愛車がないのはさびしい。

「長い間、ありがとう、お疲れ様ー」



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター




永住は忘れた頃にやってくる
郵便受に入管からハガキが届いていました。

「何の通知だろう?」

預かっているパスポートで受理番号を確認する。

「該当するものがない!」

「もしかして永住?」

永住の場合は、時間がかかる為返却してるのでパスポートはありません。

控の手数料納付書に番号が書いてあった。

「やっぱり、永住だ!」

ハガキに名前を書いておくと良いのはわかっているが
いつもいつも忘れてしまします。

すぐクライアントに電話した。

愛想のない声・・・。

「永住の許可が下りたんだよ」

「えっ、本当ですか?今日はお祝いだな」

「すぐ欲しいだろ」

「今日はパスポート持ってないから、明日持って来ます」

「じゃ会社まで取りに行くから」

申請から4ケ月で許可が下りた事になる。

永住は外国人にとって、ゴールです。

「おめでとう!」



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。