VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2つある香港のパスポート
香港には2つのパスポートがあります。

香港特別行政区(HKSAR)旅券=青色

英国海外市民(BNO)旅券=赤色

1997年の香港返還により
以前のBDTC旅券(British Dependent Territories Citizen)は無効となり、
BNO旅券(British National Overseas)が発行されました。

パスポートの表紙にはイギリスの国章が入っています。

このBNO旅券は、1997年の段階で、
香港市民であれば誰でも申請すれば取得可能でした。


但しBNO旅券を持っている親から生まれた子どもでも
1997年6月30日以降に生まれた場合は取得できません。

BNO=海外在住イギリス市民と言いますが、
イギリスに無条件で移住できないし、
保証されている権利も真のイギリス国民とは違います。

このBNO旅券を中国政府は認めておらず、
中国への入境は「回郷証」が必要になってきます。


一方、HKSAR旅券は、中国の旅券と違い
西ヨーロッパや日本へのビザの免除されました。


そして海外旅行中で事故にあった場合、
中国国籍のため中国大使館の救助要請が出来ます。


但し台湾は中国の一部と言いながら、
「入国証」が必要(最大14日滞在)で外国扱いとなります。

香港住民が中国本土へ行く場合は、国内移動となり、
HKSARは必要ありません。

よってBNOとSARの2つの旅券を持っている
香港人が多いのです。




↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター


スポンサーサイト

終わってみれば楽しい思い出に
8月以来の横浜入管。

品川から京浜東北線で新杉田まで45分。

このルートはかなり遠く感じる。

横須賀線で横浜まで行くのが正解。

久しぶりなのでバス停が探せなかった。

前回は渋谷から東横線で横浜経由だった。

東横線を利用した方がメリハリがあって楽しい。

新庁舎は中華街にあった時より空いている感じがする。

証印と認定の2件を同時に出した。

わずか1番違いで双方の番号を呼ばれた。

危ないあぶない・・・。

証印が終わってパスポートをコピーし、郵便局へ。

二人で抱き合って泣いていた事を思い出した。

終わってみれば楽しい思い出だが、当時は必死だった。

更新と変更、認定の3種類の申請用紙を作成して、
結果がどうなっても大丈夫なように用意して行った。

この仕事はあんなに苦労した事が、
後で楽しい思い出となって話せることが嬉しい。




↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター









入管のバスの中で声かけられた
入管で一仕事終えてバスに乗った。

座ったのは一番後ろの席。

今後の事をクライアントと話していた。

隣に座った女性から
「すみません。名刺もらえますか?」

その日に限って名刺がなかったので、
クライアントから名刺を譲ってもらった。

「後で電話します」

不吉な予感・・・。

夜に携帯に電話がかかってきた。

「大阪の友人が・・・・」

案の定、危ない案件だった。

丁寧にお断りした。

街角で女性から声かけられたり、
普段ありえない話は危ないよね?



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



帰化の特典
帰化の書類を作成してみて思うこと。

この書類でこの人の国籍が決ってしまうんだー。

そう思うと責任感で震えてくる。

必要書類は親兄弟全員の出生証明書、婚姻証明書、離婚証明書、死亡証明書

ところが韓国や台湾は戸籍謄本を用意すれば良い。

戸籍制度の素晴らしさを痛感してしまいます。

「名前は何にするの?」

「名前を決めるんですか?」

「そう自分の好きな名前を考えて!」

「どうして日本人になろうと思った?」

意外な答えが今のパスポートでは海外に行けないから・・・。

日本人なら外国どこへでも行けるパスポート。

それが領事館でビザを発給してもらわないと行けない。

しかも不許可の場合もある。

この事実を知っている日本人はどのくらいいるだろう?

そしてどうして日本が優遇されているかも。

そんな観点から政治を見ていくのも面白い!


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター




松陰神社の幕末維新祭り
世田谷には松陰神社があります。

今年は松陰先生殉節150年に当たる。

高杉晋作たちが吉田松陰先生のお墓をここに移した。

普段はひっそりと静かな松陰神社も
幕末維新祭として大勢の人が訪れて賑わっていた。

松陰神社商店街は活気づき、
萩からも出店が立ち並んでいた。

松陰神社の境内に入りお墓に向かう。

お墓に来ている人はわずかだった。

吉田松陰の偉大さをもっと伝えていかなければならない。

帰りには会津の出店があったので立ち寄る。

長州と会津、幕末の天敵同士。

萩の出店の女の子と話した。

「会津にわだかまりはある?」

「ありません。会津ラーメン買っちゃった」

「でも会津では萩の嫁はもらっちゃいかんと言われてるみたい」

「負けた方はシコリが残ってるんだよ」

そう言えば私の先祖は会津だったな・・・。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



1日OFFな日
今週は朝から出かける仕事が続いた。

緊急で夜も仕事が入ってしまった。

とうとう書類を作成している時間がなくなり、
朝5時に起きて作成し、9時に入管に向かった。

「これでは身体がやられるなー」

昨日は、1日OFFとした。

電話対応だけはすると決めた。

こんなときに限って色んな電話が入るんだよね。

気がつくと紹介案件が4件あった。

次第に口コミでも広がってきている。

「9月にHPをお気に入りにして、今日電話しました」

「ビザエモンさんですね?」

「○○に強いと聞きました」

名指しで電話してくる人もいる。

ブランディング効果の現われか?

土・日も予約が入っているので、
1日、何もしない日がないと身体が壊れる!

やっぱり何もしない日は身体が疲れない。

元気回復、今日の仕事も頑張ろう!


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター





帰化、無事終了!
帰化の申請が無事終了。

「これまで2回、チャレンジしました」

「でも途中で挫折しました」

「やはり私一人では出来ませんでした」

「先生は恩人です!」

「こんなに手間取ったから、割りに合わないんじゃないの?」

「帰化が決ったら、お酒を持って事務所に伺います」

そんな言葉を聞くと嬉しい。

一人の外国人の人生を背負ってしまうこの仕事。

カンタンな気持ちで引き受けちゃいけないんだよね。

帰化の仕事はやればやるほど、奥深さに驚いている。

急遽、携帯が鳴った。

本厚木から新宿まで向かうことになった。

ホントは明日の申請書作成があるんだよね?



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター






東京入国管理局立川出張所へ
前日電話が入り、急遽立川出張所に行く事になった。

「難しい案件だよ」と言ったが、同行して欲しいと言われた。

立川出張所は立川からバスで15分かかる。

自分で申請する場合、立川を利用する事はないだろう?

待ち合わせ時間より早く到着した。

新書式の申請書が並んであったので、バッグにしまった。

新書式は記入欄が多く、慎重にならなければいけない。

何件か新書式で申請してみたが、まだまだ不安が多い。

依頼者は待ち合わせ時間より少し遅れて到着。

順番を待って、奥の部屋に案内された。

先日、見た正義のゆくえを再現するシーンの数々。

日本がうまく喋れない外国人。

日本の常識や習慣ルールを理解していない為の不手際の連続。

もっと早く知っていたら、助けてあげられたかもしれない。

今頃、相談に来ても遅いよー。

慌てて次の予約の池袋に向かった。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター






帰化まであと少し!
帰化の最終打合わせ。

質問事項をメモして事務所まで来てくれた。

帰化の動機書を確認する。

生まれたときから外国に行ったこともない。

もちろんパスポートも持っていません。

こんな外国人もいるのです。

日本人じゃないので色んな制約があります。

日本人にとっては当たり前の海外渡航。

大使館に行きビザを貰わないと外国には行けない。

こんな自由を知っている日本人はどのくらいだろう?

「あと少しで日本人になれますね!」

嬉しそうにニコニコしている。

「もう日本人になるのは諦めていました。」

「弟も帰化をしたいって言ってたから、紹介します。」

戸籍がない案件で当初はどうしようかと思っていたけど、

やっとゴールが見えてきました。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター




ハリソン・フォードの正義のゆくえ
アメリカのICE特別捜査官をテーマにした映画。

アメリカを守る正義か
人を救う正義か


夢を追って来た若者

一家で移住してきた家族

無断で国境を越えてきた不法就労者

9.11以降のアメリカは、大きく変わった。

9.11を擁護する発言さえも危険人物と判断され、国外追放されてしまう。

アメリカを真似て作った日本のイミグレーション。

様々な共通点と相違点。

申請取次行政書士として参考になった。

グリーンカードを取得した祝典があるのに驚く。

グリーンカードの深い意味を考えさせられた。

不法就労した母親には幼い子どもがいる。

国を守る為に、逮捕しなくてはならない・・・。

本当に「正義」はどこにあるのだろうか?


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター




認定証明書とビザ発給
「ビザが下りました」

弾んだ声で連絡があった。

認定証明書は発給されたものの、
領事館でビザが下りなければ入国できない。


ところが行政書士の仕事は認定証明書の発給までである。

ときどき認定証明書が発給されてもビザが下りないケースがあります。

コックの招へいが多い。

中国の領事館でレストランを実態調査してみると、
レストランがなかったり、
本人が勤務していなかったりするとビザが下りない。


コックの招へいに関しては日本で真偽を確かめるのは不可能です。

結婚でもまれにある。

中国やフィリピンで領事館へのビザの申請は、
個人ではなく指定された業者を使っています。

申込が殺到して行列が出来たからだそうだ?

そこで業者にうまく情報が伝わらないと偽装結婚?と疑われる。

クライアントには、
どんな資料を作成したか情報を開示する事にしている。


偽装結婚じゃないのに、疑われたりすると困るからだ。

「22日には来日するので、二人で挨拶に行きます!」

こんな連絡は嬉しい。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター









ハーグ条約とアポスティーユ
1961年に「外国公文書の認証を不要とする条約」
ハーグ条約が裁決されました。

日本も1970年6月に締約国となっています。

この条約は、締約国間において作成された公文書で、
かつ他の締約国において提出されるものであれば、
提出先の外交官や領事の認証を免除されるものです。

適用される公文書は、
①婚姻要件具備証明
②公証人認証書
③医療医薬機器関係
④警察証明
⑤健康診断書
⑥登記事項証明
⑦戸籍謄本
⑧卒業・成績・修了証明書・学位記
⑨受理・記載事項証明(出生・婚姻・離婚・死亡・登録原票・住民票)


日本の外務省でアポスティーユが付された公文書は現地で使用できます。

しかしハーグ条約非締約国に公文書を提出するときは、
外務省で公的確認をした後、
提出国の外交官または領事の認証を受けなければなりません。


国によって、有料なところもありますので、
事前に確認を取る事が必要です。

ハーグ条約締約国の場合は外務省で2日
ハーグ条約非締約国の場合は外務省2日⇒大使館4日ほどかかります。

提出する外国がハーグ条約の加盟国かどうかの確認も大切です。

また仕事も休む必要も出て来ますので、専門家に依頼する事をお勧めします。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター


国際結婚で生まれた子どもの国籍
アメリカ合衆国やカナダ、ブラジルなどは、
生まれた子どもは、すべてその国の国籍が与えられます。

これを生地主義と呼びます。

一方、日本では、父でも母でもどちらかが日本人であれば、
その子は日本国籍となります。(国籍法第3条)

これを血統主義と呼びます。
血統主義の中でも父母両系主義になっています。

この血統主義の国籍法が施行されたのが、
1985(昭和60年)です。


1985年以前に、外国人と結婚した日本人母から
生まれた子は、日本国籍を取得できませんでした。
定住者の在留資格が与えられます。

《生地主義の国》
アメリカ合衆国  両系
インド        両系
オーストラリア   両系(父母の一方が市民権を有することが条件)
カナダ       両系
ブラジル 両系 (出生届出などの条件)
ペルー       両系(成年まで登録が条件)
パキスタン     父系(出生登録が必要)
バングラデシュ  父系(出生登録が必要)


《血統主義の国》
タイ         両系
韓国        両系
中国        両系
(父母の双方もしくは一方が中国公民で、かつ外国に定住し、本人出生持に外国籍を取得した者は中国籍を有しません)
フィリピン      両系
ベトナム      両系
ロシア       両系(書面合意等条件)
イラン        父系
インドネシア    父系
台湾        父系



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター




豪徳寺沖縄祭り
5月の「たまにゃん祭り」に続き、
10月は「沖縄祭り」


今回もフリーマーケットに出店した。

11日の出足は好調。

12日も行くぞ!と意気込んでいた。

昨日と違って、客足が伸びない。

人が少なければ、売上は減る。

自然の摂理だ。

フリマを体験して思うことは、
客は何を買うか検討がつかない。


ここに商売の難しさがある。

商いは確率だと思っている。

だから集客がすべて。

どんなに安くしても買いたくないものは買わないし、

少々高くても買いたいものは買っていく。

そんなマーケティグ調査は後で良い。

まずは人をたくさん呼び込むことだ。

どうしたら人が来るかを一生懸命考える。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター




外務省から中国大使館へ
外務省での認証が終わり、中国領事館に向かう。

領事館の前に着いて、一瞬目を疑った。

とてつもない長蛇の列。

歩いても歩いても最後尾に着かない。

中国は国慶節で10月1日から8日まで国民的休暇で
日本にある中国大使館も休みだったのだ。

まるでディズニーランドの行列みたいだ。

目の前の男性が携帯で電話している。
「ギョウレツスミダ・・・」(ハングル語?)

後から来る人が一様に驚いた顔をしている。

「最後尾はどこですか?」

約1時間待って、領事部の中に入れた。

認証もまた混んでいた。

中国語の甲高い声が響く。

「コピーしてこの書類に記入してください」

コピーでも30分待った。

申請窓口へ。

「認証は15日になります」

クライアントの出発が18日なのでギリギリ間に合った。

時計を見たら、11時58分。

大きな仕事をした・・・。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



在日韓国・朝鮮人の結婚
在日韓国・朝鮮人で
日本で出生し、本国政府に届け出てない場合は、
韓国の戸籍にも記載されていません。


よって韓国の政府に戸籍を依頼しても
発行することは不可能です。

この場合は日本国政府発行の証明書によって
婚姻届を受理されます。


提出書類
①婚姻届
②日本人の戸籍謄本
③外国人登録原票記載事項証明書
④申述書
・婚姻要件具備証明書が得られない理由
・本国法上、婚姻することのできる要件を備えているとの宣誓
・提出書類によって審査して欲しいとの要望

を書いて書名します。
⑤女性で再婚の場合は、いつ離婚したかの証明書
 (前夫の戸籍謄本等により確認します)

在日韓国・朝鮮人は、
「特別永住者」の在留資格者ですから、
在留資格の変更は必要ありません。

※「特別永住者」とは、終戦により日本が降伏文書に調印した
1945年(昭和20年)9月2日以前から日本に滞在していて、
日本の国籍を離脱することになる1952年(昭和27年)4月27日の
平和条約発行日まで引き続き日本に滞在していた韓国・朝鮮人及び
台湾人とその子孫として日本で生まれた人が対象となります。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター


L-1ビザ(企業内転勤ビザ)
Lビザは、
日本企業の米国子会社や社員派遣、
米国企業の日本支社で働く日本人社員の
米国本社への転勤で働く人のためのビザです。


L-1Aビザは管理職
L-1Bビザは専門技術者職


【条件】
・日本とアメリカのどちらに親会社があってもよく、
本社が第三国にあり日米が姉妹・兄弟会社の関係でもかまいません。
・派遣元は、社団法人や財団法人、地方公共機関、連絡事務所等でもかまいません。
但し、派遣元機関に過去3年間のうち1年間は、その会社で勤務した経験が必要
・被派遣者は、管理職、専門的知識・技能を有している者でなければなりません。

【申請書類】
①アメリカで申請するとき
I-129(Petition for Nonimmigration Worker)およびLビザ用補足(L Supplement)
・サポーティング・ドキュメント
・手数料130ドル

②在日アメリカ領事館で申請するとき
DS-156およびDS-157
・I-797(Petition approval notice)
・アメリカ労働省へ申請した関連書類(LCA)の全コピー
・パスポート
・写真
・申請費用100ドル

【条件】
・アメリカでの就労⇒OK
・ビザの有効期間⇒通常3年間・在留期間⇒移民局で承認された期間(D/S)
・在留期間の更新⇒()会社設立1年未満は1年間
            ()1年以上3年およびその後の在留期間は:
               管理職(L-1A)→2回の更新が可能(最大7年間
               専門技術職(L-1B)→1回の更新が可能(最大5年間
            ()さらなる滞在希望者は、1年間の国外居住期間が必要
・他の在留資格への変更⇒OK
家族へのビザ⇒L-2(2002年からE-1、E-2ビザと同じく、このビザの保有者の配偶者は
              アメリカで就労できるようになりました)



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター


具備証明書が発行される国
外国人と結婚を考える場合、
相手が本当に独身で、
外国の本国法で結婚できるのでしょうか?


外国人が独身である事を確認できる重要な書類が、
「婚姻要件具備証明書」です。

本国の政策の変化や書面の記載事項の変更などによって
婚姻要件具備証明書が出なくなった国や、
婚姻要件具備証明書の要件を満たさない文書の扱いとなる
ケースもあります。


そうした場合、役所では地方法務局へ
「受理伺い」を出します。

受理されるまで、2ケ月くらいかかるので確認が必要です。

役所によっては、在日外国公館に認証印を要求することもあります。

以下、婚姻要件具備証明書が発行される国を掲載します。

【アジア】
韓国、スリランカ、タイ、中国、フィリピン、モンゴル、ベトナム、アフガニスタン

【中近東】
イスラエル、イラン、サウジアラビア、トルコ、エジプト

【オセアニア】
オーストラリア、ニュージーランド、トンガ

【アフリカ】
ガーナ、ガボン、ザイール、モロッコ、ジンバブエ、チュニジア、セネガル

【ヨーロッパ】
アイルランド、イギリス、オランダ、スイス、スウェーデン、イタリア、スペイン、
デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、
ポルトガル、ルーマニア、スイス、ロシア、ウクライナ、ブルガリア、ポーランド、
チェコ、スロバキア、オーストリア、モルトバ

【北米】
アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ

【中南米】
キューバ、コロンビア、ブラジル、エクアドル、ジャマイカ、ボリビア、パラグアイ、
ニカラグア、エルサルバトル、ウルグアイ



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



婚姻要件具備証明書に代わる公的書類
国際結婚の中で、問題となるのは、
相手の独身を証明する「婚姻要件具備証明書」です。

しかし国によっては、具備証明書を発行していない国があります。

具備証明書に代わる公的書類としては

①宣誓供述書(AFFIDAVID)
これは、本人が独身で、相手国の法律において結婚できることを
在日公館の領事の前で宣誓したり、
本国の公証人の前で、本国の父母や親族(父親が原則)が供述し、
それを認証した書類です。
※国籍、生年月日、宣誓者と本人との続柄等が記載されています。
◎パキスタン、バングラデシュ、マレーシア、インドなど

②申述書
本国政府が本人たちの身分関係を把握していない場合、
具備証明書が発行されません。
よって本人がその理由と結婚の条件を満たしていることを
書いて提出する文書です。
◎在日韓国・朝鮮籍、中国籍など


③婚姻証明書
日本の国内で、外国人と日本人が外国方式(在日大使館等)で
結婚したことを証明した公文書です。
◎在日イスラム寺院、カトリック教会、ギリシャ正教会で結婚した旨を
証明する在日大使館等発行の証明書など

④公証人証書
本国の公証人によって、本人が結婚の条件を満たしているという旨の
証明がされた文書です。

以上の文書を役所に提出すると、
役所を管轄する地方法務局の戸籍課へ送られ、
法務局から後日直接2人に呼び出しがあり
相手の本国法により、結婚に問題がないかの聞き取り調査があります。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



メールが届いてない?
『ビザ衛門』ではメールでの質問に対してすぐ返事を出しています。

先日、「お返事がなかったので、再度メールさせていただきます」
とのメールが届いた。

ショックでした。

送信したメールが届いていないと言う事は大問題だからだ。

急いで書き込んできたメールなのに
返事を書いても何の応答もなかったり・・・。

それはそれでいいと思っていました。

ところが届いていないとなると話は別です。

もしかして、返信のタイトルがまずいから
迷惑メールと間違えられて見ないのかも?

「今度はタイトルを変えようか?」

そんな事も考えました。

先程、書いた返信メールも届いてるかどうか心配です。

ただブログは見ていますと書いてありました。

もし届いてなかったら、下記番号までお電話下さい!

visaemonvisaemonvisaemonvisaemonvisaemonvisaemon

ビザ衛門』 VISAemon 国際行政書士事務所
TEL:03-5809-0084
FAX:03-5376-6639
au:090-2932-2348
Soft Bank:080-3006-8170

visaemonvisaemonvisaemonvisaemonvisaemonvisaemon

↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター




ビザの専門家として思うこと
自分で申請してみて、
不許可になって「助けてください!」
と相談に来るケースが多い。

よくよくヒアリングしていくと、
もっと早く相談してくれれば、
許可になったのにと思われる案件。


ビザが途中で切れてしまって、
グチャグチャになって、
永住まで回り道をしている案件。

病気と同じで最初から医者にかかっていれば
問題がなかったのに・・・。


どんな小さな疑問でも
ビザの専門家に相談することが
結局は大きな事故を防ぐのです。


外国人が日本で暮らす為には欠かせないビザの
正しい知識と運用が
強いては外国人の幸せになります。


みんなが幸せになっていただきたい!
そんな思いで頑張っていきたいと思っています。




↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。