VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


不許可になり食事も喉に入らない
不許可の通知。

ショックで食事も食べられない。

全人格を否定されたかのよう・・・。

どう対応したらいいかわからない。

それで電話がかかって来ます。

ヒアリングすると不許可の理由がわかります。

でもすぐ再申請はしません。

必ず入管に不許可の理由を聞きに行く。

「えっ?そんな事聞いてない」

クライアントが隠していたり、知らなかった事もあるからです。

不許可の理由を聞かないで再申請した事があります。

またもや不許可。

理由を聞きに行くと「聞いてなかったんですか?」

不許可になったからって
全人格を否定された訳じゃない。

ただ在留資格要件に該当しなかっただけ。

励ますのも大切な仕事です。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター






スポンサーサイト

更新の依頼
「更新お願いします」

1年前認定で呼び寄せた人や変更した人からだ。

更新の依頼が来るのはウレシイ。

それだけ信頼された証拠。

今回は3年許可を!

そして永住までフォローしていきたい。

「就労」と「永住者の配偶者等」と「定住者」の更新を同日にした。

いずれもハガキが来なかった。

理由は後でわかった。

7月1日の法改正で更新のハガキが来なくなった。

厳密に言うと就労部門はハガキが届く。

就労部門でも追加書類とかがあった場合は
追加書類の封筒が届きハガキは来なくなる。

永住部門のハガキが来なくなった。

永住部門は、
「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」

今日「永住者の配偶者等」「定住者」の証印を貰いに行く。

「許可」「不許可」わからない。

結果はどうなんだろう?


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



iPhoneは携帯パソコン
iPhoneを使って1ケ月。

発想が日本の携帯と大きく違うと気づく。

電話からPC機能も付加したのが日本の携帯。

PCを小型化して電話機能を付加したのがiPhone。

iPhoneはフリーズする。

だから再起動が必要。

かなり重い。

iPodも付いているので音楽も聴ける。

これまではiPhoneを聴いていると携帯が鳴っても気づかなかった。

これは素晴らしい。

Googleも使ってみた。

車内でも検索が出来る。

まだまだ使いこなせていないiPhone。

電車で18人中、7人がiPhoneを持っていた。

1つの機種がここまで流行った事はないと思う。

appleは凄い事をやってのけた。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター

自分がされたらイヤな事はしない
誰々の紹介で・・・。

名前を聞いてもわからない。

段々と口コミで広がっている。

「やさしく教えてくれるって有名ですよ」

「対応が親切だから決めました」

サービス業だから当然と思ってました。

そうじゃない人もいるんだー?

こうした事務所は敷居が高いかも知れない。

真摯に丁寧な仕事をする事。

ずっと心がけてきました。

受注したからには許可を取るまで申請する。

それが責任だと思う。

勿論、追加料金は取らない。

自分が追加料金を取られたらイヤだから。

自分がされたらイヤな事もしない。

クライアントの目線に立って仕事をする。

色んなところから仕事が来るようになった。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター


他の行政書士事務所で断られた案件
深夜何気にポストを見た。

入管から許可のハガキだ!

難しい案件だったので時間がかかると思っていた。

他の行政書士事務所で出来ませんと断られた案件。

泣きながら帰って来たらしい。

藁にもすがる思いでビザ衛門に来た。

同じようないケースを扱った事があった。

何かやれそう?

「わかりました。何とかしてみましょう」

資料集めに1ケ月かかった。

あとは理由書にかかっている。

資料を1件1件見ながら理由書を書いていった。

自信はあったが100%ではない。

「コングラチュレーション!ビザOK」

「キャー、ウレシイー」

電話口で泣き叫んでいるのが聞こえる。

この仕事をやっていて良かったと思える瞬間です。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター






締め切りのある仕事は辛い
今日が締め切りだ!

入管に15時30分までに着けば間に合う。

出発は14時30分に設定。

まだ7時間ほどある。

終わるか?

意外と手こずっている。

バラバラだった書類が統一されていく。

この作業が難しいのだ。

一つ一つの書類が意味を持っています。

それらを理由書で説明していく。

今回は2種類書く必要があります。

採用と変更の理由書。

ヒアリングした内容と添付書類から起案していく。

ギリギリ14時20分に終わった。

出かけようとすると相談の電話がかかってくる。

こんな毎日が多いです。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター


83歳のウェイトリフティングするおばあちゃん
「83歳のウェイトリフティングするおばあちゃん!」

TVでたまたま見た。

55kgのバーベルを持ち上げていた。

驚いたのは60歳から始めた事。

看護師をしていて体力が必要と感じたのがキッカケ。

今でも週6日は練習を欠かさない。

見た目も元気で老いなど微塵もない。

背筋もピンとしている。

この人いつ死ぬのだろう?

そんな思いも抱かせる。

人は使わないものは老化します。

頭を使わないとボケる。

身体も使わないと錆びる。

足腰が元気な老人は老いない。

60歳から・・・。

まだ60歳になってないじゃないか?

身体を元気にするヒントをもらいました。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター




インクの在庫管理は大切
プリンターが止まってしまった。

黒インクがなくなった。

急いで補充のインクを探した。

「あれっないー」

あるのは別色のインク。

お店に電話する。

「ありません」

USBに記憶してコンビニに向かった。

コンビニでプリントできるはず・・・。

操作するがファイルが出てこない。

「誰かPC持っている人いないかなぁ?」

見つかった!

「メールで転送してくれればプリントしておきますよ」

急いで自転車で向かった。

資料をホチキスで止めて電車に乗った。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター

これでいいのか?
いつもいつも不安。

もう1日申請を延ばしたい。

そんな気持ちになります。

「これでいいのか?」

理由書は1日寝かせます。

翌日追加訂正を必ずする。

ラブレターと同じだ。

ヒートアップして書いているから見直しが大切。

理由書で決まる案件もあるからだ。

「えい!やー」

最後はいつもこれだ。

これでいく!

外国人の運命が決まると思うと眠れない。

昨日作成した理由書。

今日もう一度見直すつもりだ。

そして明日は「えい!やー」だ。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター


こんな日もあります
10時にクライアントの会社へ向かう。

今日申請して欲しいと言う。

14時には入管で待ち合わせしているクライアントがいる。

13時に電話が入る。

「いま入管に着きました」

「大丈夫14時には間に合うから」

Sカウンターへ。

相談内容から留学部門と言われた。

留学部門が待ち時間が長く15時をまわってしまった。

待ち時間を利用して認定と更新の申請をした。

留学部門で延長の証印の発行。

証印をもらった旅券を持ってSカウンターへ。

16時ギリギリで対応してもらえた。

17時には会社で別の相談があった。

18時に終了。

電車の中で携帯が鳴り
「夜事務所に書類を持って行きます」

「19時ならいいですよ」

事務所に戻ると先に待っていました。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。