VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もう夏休みモード?
会社では、もう夏休みモード一色になってきました。

みんな飛行機の手配をしたり、
会話の中身はどこに遊びに行くー?です。

私はこの夏休みにどこまで「入管」の勉強を
仕上げられるかしか頭にないです。

「入管」の仕事が報酬が高いのは、
外国人を手の平に乗せて、
人生の責任を一気に背負うそんな仕事だからです。
だから生半可な知識で対応して報酬を貰うなんて
ゼッタイに出来ません。

申請取次の研修会で、「行政書士・・・・」の話があった件、
やっと理解できました。
建設の許可申請でしたら、わからない事は都庁に聞いて仕上げれば
良いいのですが、
「入管」の場合は全然違ってきます。
「入管」の方から申請取次行政書士としての対応をしっかり要求してきます。
「書士の方ですね、勉強してますか?」

同じ仕事で弁護士が批判の対象にならないのは、
元々彼らが勉強熱心な事と、
研修会等でしっかり勉強しているからです。

その点、行政書士は実務経験の機会がないのと、
研修会等に高い費用を払う気持ちの人が少ないからでは
と思うようになりました。

やはりお金を頂くには相当の知識がないとダメです。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tchaiko0924.blog101.fc2.com/tb.php/100-1ae4f35b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。