VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


義経千本桜を見に行った
大衆のエンターテインメントとして生まれ育った歌舞伎。

舞楽や能・狂言や文楽とならぶ舞台芸術だ。

歌舞伎は400年前に生まれた古い芝居です。

古いけれど現代にも立派に生きている。

ニューヨーク、ロンドン、パリ、ベルリン、モスクワ・・・

世界の大都市で歌舞伎は拍手喝采を浴びている。

外国人と話して歌舞伎を見たことないと言うと不思議がられる。

歌舞伎は寿司、天ぷらと同じ日本人の伝統文化だ。

座席には外国人の姿が見えた。

異国のものへの憧れだけではなく狐の心情に感動して泣いている。

歌舞伎のデフォルメした表現は現代社会の中でも見受けられる。

ものまねがそうだ。

外国のものまねは本物そっくりにまねる。

日本のものまねは本物の特徴をデフォルメして表現する。

それを見て観客は笑い泣く。

江戸時代の人が泣き笑った歌舞伎とかぶって見えた。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター


スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。