VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『犯人に告ぐ』
友人が行けなくなったからと、
譲ってもらった映画『犯人に告ぐ』のチケット・・・・。
最終日に行って来ました。
雫井修介氏の小説で最近のベストセラーの一つです。

主演が豊川悦司なので、悪い映画ではないと思ったが
やはり素晴らしかった。
日本の映画らしからぬテンポとストーリーで
ぐいぐい観客を映画の世界に引き込んでいく。

ほとんどの映画が男女の愛を絡ませているのに対し、
「犯人に告ぐ」に男女の愛はない、人間の愛もない。
豊川悦司の一人舞台であった。
それでいてここまで魅了してしまうのは、
彼の演技力か監督の脚本が素晴らしいのか?
両方だろう・・・。

警察の取ったローラー作戦は仕事へのヒントにもなった。

悪役の上司のプロフィールを見たら、
ニューヨーク生まれ、ボストン大学卒業・・・。
何と小澤征爾の息子であった。
なかなかの名演技であった。

こんな映画が作れたのも日本の映画が世界レベルである証明だと思った。

豊悦が出る現代版「椿三十郎」も観たくなってしまった。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tchaiko0924.blog101.fc2.com/tb.php/192-1ad415b7



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。