VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「お茶会」の誘い
さかより女史からの誘い。
「きものパーティ」の次は「お茶会」だった。

「きものパーティ」に来ていた2名の女性も一緒に参加した。
参加者は7名で私以外男はいなかった。

昔は武士のたしなみだった「お茶会」も、
現代では、女性のたしなみになっている。

「結構なお手前で・・・」

「お茶会」は会話を楽しむ場であり、
料理を作る手順を見せる場でもあった。
そして毒を盛っていないことも見せる場でもある。

昔、薬だった「お茶」は、ビタミンCも豊富であり、
秀吉は、戦には必ず「お茶」を持っていき、
武士に飲ませて元気づけたと言う。

「緑茶」は葉っぱを捨てるのに対し、
「抹茶」は葉っぱごと飲むので、栄養価も高い。

また「紅茶」も「ウーロン茶」も原料は同じであることも初めて知りました。
葉っぱを発酵させたのが「紅茶」
葉っぱを炒ったのが「ウーロン茶」だそうだ。
まさに愕きである。

座るのが大の苦手の私には、あぐらが認められた。
最近では裏千家でも、あぐらの作法も出てきているそうだ。

堅苦しい作法の連続は、現代人にとっては苦痛でもある。
しかし一つ一つの動きにも、深い意味があって、
日本の文化の水準の高さを肌で感じ取ることができた。

「きもの」と同じく、忘れてしまった日本の文化・・・。
自分が日本人であることも忘れていたようだ。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tchaiko0924.blog101.fc2.com/tb.php/333-aa3f67c3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。