VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アルパ コンサート
ハープのことをスペイン語やイタリア語でアルパ(Arpa)と言います。

アルパを代表するハープとして、パラグアイハープが有名です。
ト長調とヘ長調用に2種類あって、演奏で使い分けるのです。

アルパは、軽く片手でカンタンに持ち運びができて、爪で弾くので、
明るくアップテンポの曲に向いていて、
中南米で流行したのもうなづけます。

アルパの演奏を生で聴いたのは、初めてでした。

ハープ独特の気品のある音色が、
アップテンポで、グイグイ迫ってくるので、
誰もが魅了されていきました。

こんな楽器が世の中にあったのか?
衝撃でした・・・。
まさに神の音楽でした。

サンポーニャという長さの異なる菅を音階順に並べた素朴な楽器。
(まるでギリシャ神話の牧師パンの笛を彷彿させる、パンパイプのよう・・・。)
そしてただ吐くだけの奏法。
アンデス音楽独特のものです。

アルパとサンポーニャの組み合わせは、
聴きに来ていた人たちを
はるかインカの時代に連れていってくれました。

中南米は、日本から飛行機で35時間(1日半)
地球の真下、ちょうど反対側になります。

前列では、すすり泣く声・・・。
遠く故郷を離れて異国で暮らす人々にとって、
寂しさを癒してくれるのは、故郷の音楽なのですね。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tchaiko0924.blog101.fc2.com/tb.php/342-34fb8b59



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。