VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
インディ・ジョーンズが帰ってきた! 
製作はルーカス、スピルバーグ、フォードの3人。

舞台は1957年。
超常現象的な古代の遺物を探し求めペルーまで冒険の旅。
そしてロシア軍が新たな敵だった。

インディ・ジョーンズが
ロシア軍の女性指揮官に向かって、
「そのWの訛りは、ウクライナ出身だな!」
には思わず笑ってしまった・・・。

つい先日ウクライナの女性の相談を受けたばかりだからだ。
インディ・ジョーンズに出てくる外国が
すべて相談を受けた国なのには驚きました。
アメリカ、ロシア、ウクライナ、そしてペルー。

次々と相談者の顔が目に浮かんできた。
映画を見ながらも、仕事に頭がいっている!
これじゃ、休養にならないよー。

これまでスクリーン上だけの外国だったのが、
今では目の前に現れています。
不思議な感じがしています。

映画から50年の年数が経過し、
ロシア、ウクライナ、ペルーは
それぞれ経済が破綻してしまった。

私が外国人の仕事を始めた動機の一つに
「世界各国を周りたい!」があった。

ペルーのナスカの地上絵も見に行きたくなった。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tchaiko0924.blog101.fc2.com/tb.php/377-2daac984



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。