VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国を知ることの大切さ
黒龍江省、吉林省、遼寧省、河北省、山西省、
山東省、江蘇省、山西省、河南省、湖西省、
四川省、湖北省、安徽省、江西省、福建省、
広東省、貴州省、雲南省、海南省、青海省

ざっと漢字変換出来た省だけでも中国には20の州があった。

中国の方から相談を受けて、
湖北省出身ですと言われてもピンと来ないのが実感。
北京から近いのか、上海の近くなのかさっぱりわからない。

中国には56民族あり、
北と南では気質や考え方も違う。

日本と同じで東北の方は純朴で南の方はそうじゃない。

また日本の常識も通じない。
戸籍に関してもそうだ。
その辺を頭に入れておかないと、
大きな失態を演じてしまう。

「吉林省の人から、こんな相談受けたんだけど
吉林省ってどんなところ?」
あやちゃんに聞くと、意外な答えが返ってくる。

中国の日本大使館に用事があって、
困っていたときも、あやちゃんに助けてもらった。

中国を相手に仕事をする際に、
中国人のスタッフは最小限必要であることを痛感している。

中国を知らないで中国人と仕事をするのは、
素手で勝負しているようなものだ。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tchaiko0924.blog101.fc2.com/tb.php/400-ed13fdb6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。