VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


韓国と日本の食文化
韓国料理は辛いというイメージがある為、
日本では辛口の焼肉タレがありますが、
韓国では、焼肉だけはゼッタイに甘いのです。

日本のスキ焼が甘いのと一緒で、
ここでは食文化が共通している。

韓国では、肉がないと、法事が始まらない。
祭祀といって、先祖の祭りのとき、肉は不可欠です。
法事といえば、精進料理と思う日本人とは大違いです。

カルビは、牛肉のアバラ肉を使い、骨付きになっています。
骨の両端を持ってかぶりついて、食べます。
そして食べやすくするように、羅紗バサミを使います。

日本人はここで、違和感を感じてしまいます。
裁縫の道具を料理の道具に使うの?
たぶん日本人なら、
カルビ用にシャレたデザインのハサミを作ってしまうだろう。

羅紗バサミは、冷麺を切るときも使われます。
器の中へハサミを突っ込んで切ってくれる。
ここでも日本人は、えっと思ってしまう。

メキシコ人と食事をすると、
骨を放り出して、テーブルは油だらけになる。
中国人の食事も、テーブルは汚れてもかまわない。
そこに宴があり、楽しく過ごせるからだ。

韓国人は、ラテン系、中国系のマナーで、
日本人は、アングロサクソン系のマナーのようだ。

こうした食文化を楽しむことも実に楽しい!




↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tchaiko0924.blog101.fc2.com/tb.php/449-2d483a04



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。