VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国人との国際結婚
1 中国国内での結婚手続き(相手が日本未上陸)

婚姻は必ず二人で、相手が居住する婚姻登録所に出向いて申し出ます。
婚姻は届出制ではなく、許可制です。
夫婦に各一通ずつ結婚証(赤い手帳)が交付。(最近は、翌日に交付)

- 中国国内の婚姻に要する日本人の文書 -
旅券(パスポート)
戸籍謄本   (2通)
住民票
在職証明書
(課税証明書)
(納税証明書)
婚姻要件具備証明書(法務局発行のもの)
証明写真 3.5cm×4.5cm 3枚
※中国の各省で、異なるので、相手に現地の民政局に確認してもらう。

外務省で婚姻要件具備証明書をアポスティーユしてもらいます。
申請した翌日に交付されます。

それを駐日中国大使館に持参して証明印をもらいます。
これを中国の婚姻登記所に持参します。

2.日本に帰国してからの手続き
日本国内でも婚姻届出する必要があります。
このとき婚姻届に添付する文書は、
婚姻相手の「出生公証書」と「結婚公証書」(日本語訳文付き)

婚姻届出用紙に二人の証人を記載する必要はなく、
婚姻相手の署名も押印も要りません。

※日本国内への婚姻届出は、中国国内でもできます。
婚姻相手が居住する在中国日本大使館に届出ます。

3.入国管理局への申請
婚姻が記された戸籍謄本が編纂されましたら、
「在留資格認定証明書交付申請」をします。

在留資格認定証明書を中国の配偶者に送付します。

配偶者はパスポートと在留資格認定証明書を
在中国日本大使館に提示して、
ビザ(査証)を申請することになります。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tchaiko0924.blog101.fc2.com/tb.php/498-fef6a053



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。