VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本語学校設立の依頼
日本語学校設立の説明会があり、
クライアントと一緒に参加した。

日本語学校数は、
1988年の上海事件を機に342校と大きく増加しました。

1994年には、「就学」不法残留者数が増えて、
287校と激減。

2000年、留学・就学の入国在留審査が緩和され、
327校と増加。

2003年には、日本語学校が密入国の手段として使われ、
409校まで増えた。

2004年、入国在留審査の厳格化に伴い、
395校に減少。

2008年、留学生30万人計画発表。
383校と伸びが止まっている状況。

学生の出身国は、
1位中国 15,798人
2位韓国 9,235人
3位台湾 1,890人
4位タイ  657人
5位ベトナム  646人
となっている。

日本語学校の設立は、
申請から開校まで、1年1ケ月かかります。

また校長から主任教員の手配、
教室の面積、条件、健康診断の実施等
厳しい審査基準があります。

この説明会は、毎月1回行われているにも拘らず、
約25名の方の出席があり、満席でした。

日本語学校を開きたいという
経営者が多い事にも驚きました。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tchaiko0924.blog101.fc2.com/tb.php/513-2790a005



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。