VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


松下幸之助の「不況克服の心得十カ条」
 第一条 不況といい好況といい人間が作り出したものである。
     人間それを無くせないはずはない。

 第二条 不況は贅肉を取るための注射である。
     今より健康になるための薬であるからいたずらに怯えてはならない。

 第三条 不況は物の価値を知るための得難い経験である。

 第四条 不況の時こそ会社発展の千載一遇の好機である。
     商売は考え方一つ、やりかた一つでどうにでもなるものだ。

 第五条 かつてない困難、かつてない不況からはかつてない革新が生まれる。
     それは技術における革新、製品開発、販売、宣伝、営業における
     革新である。そしてかつてない革新からはかつてない飛躍が生まれる。

 第六条 不況、難局こそ何が正しいかを考える好機である。
     不況のときこそ事を起こすべし。

 第七条 不況の時は素直な心で、お互い不信感を持たず、
     対処すべき正しい道を求めることである。
     そのためには一人一人の良心を涵養しなければならない。

 第八条 不況のときは何が正しいか考え、訴え、改革せよ。

 第九条 不景気になると商品が吟味され、経営が吟味され、
     経営者が吟味されて、そして事が決せられる。
     従って非常にいい経営者のもとに人が育っている会社は
     好況のときは勿論、不況のときにはさらに伸びる。

 第十条 不景気になっても志さえしっかりと持っておれば、それは人を
     育てさらに経営の体質を強化する絶好のチャンスである。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tchaiko0924.blog101.fc2.com/tb.php/532-929feaba



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。