VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


分刻みのスケジュール
起床は5時50分。
電車に乗ったのが7時6分
7時50分に橋本駅に着いた。

迎えに来てもらった車で彼の会社に向かう。
人事部の方に会い、帰化の推薦状の依頼をする。

10時に相模原法務局へ
10時30分から帰化の面接。

最初は夫だけ呼ばれた。
30分後に妻が呼ばれる。
終わったのが11時45分。

8月末までに帰化の許可が下りるよう祈るだけだ。

12時5分、相模原駅から日本橋へ向かった。
国際部の研修会があるからだ。

テーマは「退去強制にかかわる入管法上の手続き」

着いたのは13時28分、ギリギリ間に合った。

会場は満席だった。
チラホラ顔見知りの先生の顔が見える。

研修会が終わったのが16時30分。

17時30分に自由が丘で商談がある為、
急いで地下鉄に乗った。

会社で2人の外国人を招聘する内容だ。
先日のコックの招へいの仕事のノウハウが生きた。
終了したのが19時。

無駄な仕事なんてないさー。

自由が丘に向かう途中、携帯電話が鳴った。
再入国申請の依頼だ。
仕事が忙しくて入管に行っている時間がないらしい。

何と電話だけで商談が成立してしまった。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター







スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tchaiko0924.blog101.fc2.com/tb.php/605-6ce75951



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。