VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国人夫婦で片方だけ帰化するケースが増加
帰化申請の場合、家族揃ってが常識でしたが、
帰化条件が緩和されたこともあり、
中国人夫婦で片方だけが帰化するケースが増えています。

欧米諸国に出張することが多く、
中国籍ならばビザを取得する必要があるが、
日本国籍ならビザを取得する必要がない。

中国の両親は一家そろって日本人になることを望まなかったうえ、
息子も将来は中国で働きたいとの希望を持っていることから、
1人だけでの国籍取得を決意しました。

彼も老後は中国で暮らしたいと考えているが、
妻が中国籍ならば「中国人の配偶者」という身分で
中国での滞在許可が取得できるのも都合がいい。

外国に長期間在住している外国人にとって、
国籍はもはやそれほど重要なものではなくなってきています。

『ビザ衛門』に帰化の相談が来た外国は、
中国、韓国、ボリビア、ニュージーランド、フランス、ロシア、カナダ
インド、、ネパール、バングラディシュ、モンゴル、フィリピン、ケニア等、多彩です。

在日外国人にとって、
夫婦の片方だけが帰化するというのは
その感情を表現する一つの手段かもしれませんね。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tchaiko0924.blog101.fc2.com/tb.php/653-81130a42



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。