VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


戦術・戦略よりも大切なもの
本能寺の変で、信長が光秀に殺されたとき、
近くには、二男や三男や他の忠臣もいたけど、
誰もすぐに駆けつけて光秀を討とうとしなかった。

みな形勢を観望していたんです。

秀吉の偉いところは、
”わしが死ぬか、光秀が死ぬかどちらか”

備中から京都に駆けつけて、
他の諸将にも誰にも相談しないで、
自分だけで光秀をやっつけてしまった。

”主人の敵と同じ日のもとに生きていることは許さず”
が当時の常識でした。

当時の道徳にいちばん従ったのが秀吉なんです。

勝つか負けるかということよりも大事なことは、
主君の敵とは、ともに生きてはいかんという事。

当時の道徳にいちばん素直だった秀吉に
運命が転がり込んできたのは当然なんです。

戦術とか戦略とか、そういうもの以上に、
大事なのはそのときの道徳に従うということ。

秀吉は何が正しいかということで行動したんです。

勝ってもよし、負けてもよし、やるべきことをやる。
そういう諦めがつかないと大事は決行できないんです。




↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tchaiko0924.blog101.fc2.com/tb.php/674-773a8445



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。