VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


古物商許可は出来ますか?
「コブツショウはできますか?」

「できますよー」

クライアントからの相談でした。

一度使用された物品、新品でも使用のために取引された物品
を「古物」といいます。

古物にはこんな物があります。↓

絵画、彫刻、着物、洋服、時計、メガネ、カメラ、ビデオカメラ、パソコン
コピー機、ファックス、家具、楽器、CD、DVD、ゲームソフト、カバン
バッグ、靴、毛皮類、書籍、商品券、ビール券、乗車券、航空券、郵便切手

これまで縁遠いと思っていた仕事も案外身近な商売だと気づきます。

「古物商」を外国人が始める場合も、警察への許可が必要となってきます。

申請書を見たとき、
「これは外国人には出来ない」と思いました。

「外国の方が来たときは、どうしようかと思いましたよ」

警察の方も行政書士が来て安心したようです。

パスポートが読めて、在留資格に詳しい。

そんな申請取次行政書士の出番はこれから多くなります。

ビザの相談だけじゃなく、
外国人の生活に密着した悩みや相談のお手伝いをしていこうと思う。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tchaiko0924.blog101.fc2.com/tb.php/739-7b86b3a6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。