VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


転職したら「就労資格証明書」
転職したら「就労資格証明書」

ずっと言い続けていました。

「就労資格証明書」の問い合わせが増えてきました。

外国の方は、更新や変更は知っていますが、
「就労資格証明書」は知りません。

「人文知識・国際業務」の在留資格を持っていて、
会社が変わった場合、在留資格が該当するかどうかわかりません。

在留資格が該当しないと、
会社を変えるか、帰国するしかないのです。

転職し何もしないで、更新の時期になって
「不許可」になって相談に来る方が多いです。

会社が変わった時点で、在留資格が妥当かどうか
入国管理局に審査してもらうのが正当なやり方です。


「日本人の配偶者等」の在留資格を持っていて、
日本人と離婚してしまった。

これも在留資格を変更しなければいけません。

離婚してもそのまま「日本人の配偶者等」で在留しているケースも多いです。

2010年の法改正で、
6ケ月以上婚姻の実態がない場合は、在留資格取消しの対象となっています。

婚姻の場合は、「就労資格証明書」に該当するものがありません。

永住申請する際に、
転職していた場合は必ず「就労資格証明書」を取るようにすすめています。




↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tchaiko0924.blog101.fc2.com/tb.php/744-f5ead891



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。