VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ココ アヴァン シャネルの見どころ
シャーリーマクレーンのココシャネルが
71歳からのカムバックにスポットを当てたのに対し、

ココ アヴァン シャネルは
孤児院に預けられた少女時代の下積み時代から
成功への階段を上ったところにスポットを当てている。


1939年第二次世界大戦勃発と共に
55歳のシャネルはクチュール部門を閉じた。

ところが1954年華々しく登場したディオールに対抗意識を燃やし、
71歳でカムバックする。

19世紀初頭の女性たちは、
フリルやプリーツ、羽根の帽子で孔雀のように飾り立てていた。

恋人のバルザンの男服を借りて、リメイクし始める。

その後白いカラー、ツィード、テーラードスーツはシャネルの定番となっていく。

猟師のボーダー柄のTシャツからはマリンルックを考案。

当時ジャージーを素材にしたドレスは、革命的なものだった。

白いシルクのパジャマを部屋着にするほど愛し、シャネルスーツの原型ともなった。

パーティに誘われ、ドレスを持っていなかったシャネルは、
「リトル・ブラック・ドレス」を発明する

どんな人の個性も引出す「黒こそ最高の色」だと。

仕事が生きがいだったシャネルは「日曜日が嫌い」だった。



↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター





スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tchaiko0924.blog101.fc2.com/tb.php/768-0ccee640



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。