VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


平成19年の司法試験に入管法が・・・
平成19年の司法試験の論文に入管法絡みの問題が出てました。

http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h19-19-04jisshi.pdf

「第2問」
留学生が資格外活動許可を取ってアルバイトしていたものの
風俗店で働いていた為、摘発され強制退去事由に該当するとされた。

1.送還を阻止するためにいかなる法的手続をとるべきか?

2.いかなる実体法上の主張をすべきか?

資料として
①法律事務所の会議録
②退去強制の流れ
③入管法
の3つがあった。

時間にして30分である。

日々現場で関っている相談であり、すんなり回答できた。

しかし現場を知らない司法試験受験生が、
法律論だけで法展開していくのはかなり困難な問題です。

やっぱり司法試験って大変ですね。

入管法が司法試験に出題される事は、
外国人が日本人の生活の中に溶け込んでいて、
多くの事件が発生している証です。

これからも増えるであろう入管法絡みの相談。

現場はもっと複雑多岐で頭を悩ませる問題ばかりです。

もっともっと研鑽を積まなければいけない。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tchaiko0924.blog101.fc2.com/tb.php/850-e1e25d8d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。