VISAemon NOTE
色んな国の外国の方と出会い、人生観も広がりました。もっともっと外国の方の力になりたいと思っています。
プロフィール

VISAemon

Author:VISAemon
『ビザ衛門』 VISAemon
行政書士 丹羽秀男 Hideo Niwa
〒156-0043
東京都世田谷区松原5-16-6
電話:03-5809-0084
080-3006-8170(SB)
090-2932-2348(au)


『ビザ衛門』ホームページ


私の好きなJasper String Quartet
ニューヨークタイムズのWebに載りました!
ニューヨークタイムズをクリックすれば演奏も聴けますよ。
最近のソロリサイタルの動画も載せました。こちらもどうぞ!
エール大学リサイタル
VIOLIN PIANO DUO



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VISAemonカウンター



VISAemonカウンター2

現在の閲覧者数:



VISAemonランキング

banner2.jpg



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


歌舞伎十八番
歌舞伎が生まれたのは400年前。

江戸時代初期です。

客席には中学生の団体。

外国人もチラホラ。

歌舞伎が伝統演劇であることを物語っています。

前半は歌舞伎の解説があって、
三味線や太鼓の音響効果や声や動作の説明。

「女役」は女性の役も男が演じている事。

難しいと思っていた歌舞伎を身近にしてくれました。

今日は歌舞伎十八番の一つ「鳴神」

徳を積んだ僧が、美しい姫によって心を乱されていく。

いつの世も変わらぬ人間の本性をついたテーマです。

「隈取」という恐ろしい形相は怒ったときに
顔面に出る血管を強調したものです。


「荒事」とは誇張した衣装や隈取、立廻りなどで強調した演出。

市川団十郎は十八の演目を得意にしていた為、
自分の得意な事を「十八番」となりました。

また「歌舞伎十八番」の台本を桐の箱に入れておいたので
「おはこ」と言うようになったようです。


↓詳しくはこちら
VISAemonカウンター

↓ここをクリックすると面白いかも?
VISAemonカウンター
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。